2008-06-30

今月も一枚総天然色るのである。

200806topff.jpg



 ヘタクソのくせに毎月一枚色塗りをするのは、先代ホムペで月毎にトップ絵を描いていたころの名残であることは言うまでもない、って言うか言ったところでだからどうした、と思わざるをえないのにわざわざ言うあたり我ながら如何なものかと暫し黙考するオレであり、真、結婚してくれ。


 ・・・さっ・・・「砂漠のキツネ」。
 ダジャレです。ほんとごめんなさい。
 チュニス出身の「赤キツネ」砂賊団の頭、アーイェシェ嬢は大のスコッチウィスキー好きだ!
 いつもはエジプトでしこしこと子分をこき使い稼いでるけど、ほんとはいつの日かインド更紗のドレスを着てロンドンのパーティでスコッチを傾けるのを夢見る花も恥らうアズラー(おとめ)なんだ!
 出身地と赤毛から「ハイレディンから数えて1何代目(人、時、所によって伝え聞く細かい数字が違ってる)」と言われるが定かではないよ!
 そんなアーイェシェのもとに、ある日妙な男のウワサが届く。
「・・・ナポレオン?知らないねえ・・・」
 アーイェシェが組織した義勇アラブ騎兵がフラ公の砲兵隊に一矢報いるのは、もう少し先の話であった。


 ところで昨日の訂正を数点。
  1.ポルトガルとイタリアの新旧教派塗り分け・・・ポルトガルは旧ですよね。しゅみません、ぼーっとしてました。イタリアは、ヴァチカンは当然旧なんだけど、ヴェネツィアが新みたいなので、保留で。蛇足ですが、ロシアはギリシア正教なので塗ってません。
  2.「Gott mitt us!」・・・挿絵にある通り、正しくは「Gott Mitt uns!」です。
  3.だいこくちょ(大黒帳)・・・正しくは大福帳ですな。
  4.カラコルム・・・カラコール、だろこのやろう!
  5.スウェーデン新騎兵戦術の歩兵・・・正しくは特命マスケット銃兵、と呼ぶそうな。確かに、新戦術の騎兵隊に随伴するんだから、一般のマスケット銃兵とは区別せんとね。
 他にも誤植その他見つかってるのですが、勘弁して下さい。ほんと、違う畑に踏み込むもんではないですなw
スポンサーサイト

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2008-06-29

「格差社会」の騎兵隊

history200806_01.jpg



history200806_02.jpg



history200806_03.jpg



history200806_04.jpg



history200806_05.jpg



 毎度おなじみ「月末ブービー日歴史のコーナー」。
 先月に続きヨーロッパ史ってのは如何なものか。といっても先月のはどっちかっていうとイスラム史かも、ということで勘弁して下さい。
 今月はドイツ三十年戦争を、スウェーデンの騎兵隊改革から楽しんでみました。
 作中末尾に紹介した、ブレヒト『肝っ玉おっ母とその子どもたち』は、この時代の戦時小売貿易商をテーマにした戦争歌劇の傑作です。あと劇とくれば、シラー『ヴァレンシュタイン』も面白うございます。これは皇帝軍側を舞台にした人間悲劇だけどね。ちなみにオレはこれをシェイクスピアの作と勘違いして英語の先生を混乱させてしまったことがあります。激赤面。
 ところで、もし「アイマス」架空戦記でドイツ三十年戦争のこと描いたとして、「幕マス」より需要あったり・・・しないか。嗚呼。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2008-06-27

第六十二話「副長に試練の時来る」

20080626.jpg



 前回小五郎に目のクマを描き忘れたり、今回は5コマ目で千早の着物の襟を描き忘れたり、お話の描き方ばっか気になって小さいところでケアレスミスが増えているようです。別に気にするようなレベルの絵じゃないですかそうですか。嗚呼。
 それにしても、ほんとに、こっからどう描けばいいのか。
 未だに迷うところもありますが、とりあえずもうギャグの多寡はあんまし気にしないで、初心に帰り、ぼくが描いてて楽しいように描こうと思います。公開オナニー漫画でほんとごめんなさい。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-25

第六十一話「男では耐えられない痛みでも」

20080625.jpg



 歌唱力ネタは中の人準拠、ということで一つ。
 今回パロしたエピソードは二つ。「局長毎日のおけいこ」と「墨染事件」であります。あと「アイマス」方向からタイトルとオチに絡めて一曲。
 それにしても馬ってむずいな!動物がただでさえむつかしいというに、さらに人が乗ると大きさ合わせたり足の長さと鐙の位置が気になったり!
 やっぱりつの丸ってめちゃくちゃ上手かったんだよ!
 なんにせよやっぱりギャグ漫画として続けねーと意味ないかな、と感じた。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-25

私的に大きな「幕間」です。

20080624.jpg



 以下、全く独りよがりな独白。

 拙作「幕マス」を描き始めたとき、具体的なイメージが湧いていたシーンの七割ほどが終わってしまった。
 それは言い換えれば、もうパロする余地も残り少ないということであり、取りも直さずぼちぼち最終コーナーが近い、ということである。
 てことは、パロ元の歴史の流れを根っこから変える予定が無い以上、どんどん殺伐とした内容になっていくわけで。
 どこまでお気楽なノリで表現出来るのか自分でも解りません。
 歴史モノ「架空戦記」ってやってみたら中々奥が深い。
 いっそのこと、もっと教科書レベルの史実をひっくり返すぐらいにフィクションの方向に突っ走ってしまうべきだったかも。んー、でもやっぱそれは歴史厨としては私的に余りにもズコーな気分。
 とはいえ、あずささんの海外進出は、ちょっとやってみたかった気がする。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-24

第六十話「リッチャンハカシコイデスヨ!」

20080623_01.jpg



20080623_02.jpg



 気付いたら6月23日は律っちゃんの誕生日でした。ほんと忘れてた・・・リッチャンニモウシワケナイデスヨ!
 偶然ってこわいですな。
 そんなわけで、律っちゃんのお話プラスアルファです。
 まさか「幕マス」でサッスーンの話が出来るとは思わなかった!ちょっと感動。
 創始者のダーウィードはバグダッド出身。肖像ではターバン巻いてたりします。息子は「アブドゥッラー」ときたもんだ。サッスーン家はただしユダヤ系ね。「David」でデビッドではなくダーウィードと読むのはそのためらしいよ。山盛りのヒゲもユダヤっぽくて好い味出してます。
 近代中国史で対英関係やってる人間にしてみると、老沙遜だとか怡和だとか、その筋の洋行屋号聞くとムズムズするでよ!ちなみに「老沙遜」は親父と息子の会社で、このあと「新沙遜」が孫とかの手によって出来る・・・らしい。史料中では「老沙遜」ばっかだけど、ほんとかよw
 てなところで「幕マス」第五部終幕です。第六部もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 ・・・・・・そしてやっぱりギャグが少なすぎた気がする。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-22

第五十九話「ことによっては大正七年贈従五位」

20080622_01.jpg



20080622_02.jpg



 従五位うんぬん、ってのは律っちゃんの方の話でおじゃる。
 そんなわけで、「油」の話です。オリジナル要素が混ざりすぎちゃって判り難いと自分でも思います。モウシワケナイ。
 描いた後でなんだけど、やっぱり「奸賊ばら!」って言ったり服部がハイパー化したりせんと、どうもカッチリとキマらない気がするよ!
 尚、第五部の区切りにあと一話余ってしまったからではないですが、律っちゃんのお話をもう一話描こうと思います。だから、余らせちゃったからじゃないって!
 それにしても、そうか、佐々木の肖像って現存してたのか・・・・・・。この人物自体も十分面白いので、ご存知無い方は是非wikiってみて下さい。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-22

第五十八話「蟹とあずさお姉ちゃん」

20080621_01.jpg



20080621_02.jpg



 段々殺伐として来て、パロする側としてはどれだけライトなノリを貫けるのか、少々心配な今日この頃だったりするようですよ。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-20

第五十七話「餅焼く副長」

20080620.jpg



 反省してギャグ話に戻る。
 パロ元では、「手を出しな」と言われて、てっきり焼いていた餅を貰えるのか、と手を突き出したら、「違う。この事件に手を出せということだ。餅は俺が食う」と切り返されるシーン。
 その筋の好き者の間ではそこそこ有名なエピソードらしいので、やってみました。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-19

第五十六話「武士になれた日」

20080619.jpg



 どうでもいい話:実は昨日の話では、茂蔵と律子の位置が話の展開に合わせて少しずつ左右逆になるように試みていた。差し向かいで二人の人物が語るシーンが有ったら、一度やってみたいと思っていたのである。しかしこんなオナニーマンガでそんなことしたところでだからどうした、と。それを今更言ってみたところでだからなんだ、と。


 ほいでもって今回の話。
 前回と次回に関係することなのだが、そもそも仕え先である主家がなかったことが、局長と副長には大変な負い目だったわけで。だからこそ、脱藩とはいえ一度は主君に仕えた身の者にとって直参取立てっていうのは、言わば「裏切り」行為になってしまうわけで。そこんところがこの後にも色々と尾を引くわけで。
 それにしても今回もこれまたギャグが少なくてわざわざ来て頂いている方には申し訳なさで一杯です。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-19

第五十五話「生徒というのはそりゃあもう本当にかわいいものです」

20080618_01.jpg



20080618_02.jpg



 二日ぶりの更新なのにこんなギャグが少なくてもいいものか。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-15

第五十四話「いもときつねがなかよしこよし」

20080615.jpg



 やはりあずささんのおっぱいはその時歴史を動かすほどのおっぱいだったわけです。納得ですね。
 ところで、この事件の名前の語呂からするに、「あ、両者の配置を左右逆にすりゃ良かった」と思ったのは秘密です。
 「キツネとイモ」じゃなくて「イモとキツネ」だものなあ。しゃらくせえ。尚、作者はかなり偏向的な関東佐幕派懐古主義者だったりするとかしないとか。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-13

第五十三話「副長の『穴篭り』」

20080613_01.jpg



20080613_02.jpg




 前回の「天才剣士は鬼教官」に続いて、まったり系エピソードをもう一つ。
 拙作「幕マス」では、この時期随分と平和ですが、パロ元の一方では最古参幹部の無断脱退騒ぎがあったりと大変だったりします。んが、拙作ではキャスト可能数その他の事情から、その、結果としてこんな感じの日々になってます。合掌。
 ちなみに、今回のエピソードですが、パロ元のオリジナルでは「穴篭り」でやってたのは・・・・・・ここで言っても面白くないので、ご存じない方、是非『燃えよ剣』をどうぞ!

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-12

第五十二話「みきのおけいこ」

20080612.jpg



 前回出してあげられなかった美希をメインにしてみたのである。
 そういえば、まだ「天才剣士は鬼教官」のエピソードってやってないなあ、と思い、今回描いてみた次第。
 こういう歴史の流れを感じないぬるいお話も、わたくし大好きでございます。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-06-11

第五十一話「はまぐりごはん?おにぎりにしてみたいの!」

20080611_01.jpg



20080611_02.jpg



 久しぶりに「幕マス」でございます。
 気付いたら美希だけ出てないよ!
 もうっ、こいつ何考えてんだ!中学生のおっぱい揉みたくないのか!

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター