FC2ブログ
2008-09-30

ちょっと一息?

20080930.jpg


 月末っていうと「オレスケ」の仕上げで楽しむのが通例であったが、今月は出張の関係で早めに終わってしまっていた。
 どうせだから、「MAD」制作は小休止して、久しぶりに音楽を聞きながらイメージの赴くまま落描きしてみようと思った。
 んで、久しぶりに「BERSERK~Forces」聞いて。
 気付いたらこんなんになってたらしい。
 ウェスト部分に股関節をカバーするプレートが付いていないので、騎乗用かと思われる。
 ドイツ南東部の小国、ナムコ公国の騎士、マーコット・キクティンハウアー。
 女の身ながら、馬上槍の達人である父に男として育てられる。
 16歳で初陣。キクティンハウアー家連隊(この時代の連隊と言うのは封建諸侯や傭兵が率いていた独立部隊一つを指す単位であり実質的には中隊規模だったりすることもあった)の副官兼従軍牧師であったユキフォフ・ハギヴァランとともに、ポーランド槍騎兵隊に対して陥穽陣を駆使した戦術を展開し大きな勝利を得る。
 騎兵への対応の妙を買われ、ヴァレンシュタイン傭兵団主力の北東部方面軍に中隊長として赴任。
 しかし、隠れプロテスタントであったユキフォフの説得により、新教派へ転向。
 デンマーク経由でのスウェーデン亡命を図ったが、乗った客船がフランス海軍に拿捕され、失敗。
 二人は再びフランスからイングランドへ亡命せんとしたが、カレーの町で偶然、リシュリュー差配下の対スウェーデン密貿易の現場を見てしまい・・・・・・。
 ・・・・・・なんか『三銃士』みたいになってきたなあ。
 何にせよ、「ゆきまこ」は正義、ということで。
 わりと楽しいので、「エセ西洋史架空戦記シリーズ」ということで、また何か描くかも知れません。
スポンサーサイト



theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2008-09-30

戦争民営化

history200809_01.jpg


history200809_02.jpg


history200809_03.jpg


history200809_04.jpg


history200809_05.jpg


history200809_06.jpg


 今月の「歴史のコーナー」は西洋史ネタの王道、傭兵のお話であります。
 読んで頂ければご理解頂けるかと思いますが、筆者は郵政はもちろん、電信も鉄道も高速道路も民営化反対であります。その背景には、今回述べたこと以外に経済地理学における政策影響力の距離減衰効果への懸念もあるのですが、それはもうブログに移る前に語ったので省きました。
 てか、郵政民営化って、あれ要は郵便貯金に外資を食い込みやすくしただけだと思うのだが。
 所謂「リーマンショック」の影響は、この郵政民営化による外資の食い込みのせいで、相当でっかく日本を襲うんじゃないか、と考える次第。
 小泉引退の背景には、この点について責任追及されたくないから、という理由が見え隠れしていると感じるのはぼくだけでしょうか。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター