--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30

まこまこりんと一つの布団でもにゅもにゅしたい。

前奏15


 火曜日なのに既に疲れたよ。
 まこまこりんと一つの布団でもにゅもにゅしたい。
 いやらしいことなんてしないから、二人で仲良くぷにぷにつんつんとかしつつ寝たい。
 まこアロマを全身の毛穴で吸収しつつ眠りにつく。
 それだけでがんばれそうな気がします。
スポンサーサイト

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-29

「アイドル」の「性」性

history200906_01.jpg


history200906_02.jpg


history200906_03.jpg


history200906_04.jpg


history200906_05.jpg


 今月の「歴史のコーナー」は日本の伝統的な「色」の概念とアイドルについてです。
 性行為から間接的であるほどにエロスとして高く評価されると言うのは、現代においてはそれこそ性的魅力の高低としてなんとなく理解出来ませんでしょうか。性行為においては全裸よりも着衣の方がエロい、とか。
 性的魅力に文化性を加味して、それを恋愛と絡めたりしながら楽しむ「色」って、今のアイドル観に近いと思うのでした。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2009-06-29

本当に今日は日曜日だったのか。

前奏11


 朝六時半前後出立。午後七時半前後帰宅。
 無論「バシン」は見れず。週が明けるのにまだ「サヴァイヴ」も消化していない。まともに「ニ○ニコ」も見ず、現在に至る。
 でも「大河」は見た。
 相変わらず恥ずかしい脚本。
 秀吉が「わしは成り上がりゆえ、心底慕ってくれる家臣がおらぬ」みたいなことを利家や正則がいる前でのたまわっておった。
 利家なんかはそうかも知れんが、子飼の市松にしてみると「そりゃないぜおやっさん」と言ったところではなかろうか。
 ああ、でも市松らだって身内の少ない秀吉が一門衆並の戸外が欲しくて親類から掻き集めて来た者達なわけだし、実は「秀吉が出世すればめっけもん」的な、かなりゲゼルシャフトな付き合いだったりして。
 そう考えると、やっぱり秀長の存在って凄く大きく感じますな。あとは浅野長政とか。
 時に増田長盛も尾張出身だったっけ?三成は近江家臣団の代表で、長束はその幕友。玄以が仏教勢力との仲介役か。やっぱり五奉行こそ豊臣政権の肝だな。
 この五人の中に堺衆と繋がりの有る小西が入っていないのが個人的に興味深いがどうか。宇喜多との関係を考えても、小西はもっと重用されて然るべきだった気がする。やっぱり出自とキリシタンだったことに関係が?
 とりあえず、そろそろ寝ます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-27

今日は旧友と会った。

前奏03


 山ほどくっちゃべって中華食って紹興酒で酔っ払って帰宅。
 そして明日は五時半起き。
 楽しかったので良し。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-27

さてと、ぼちぼちまたやるかい。

前奏02


 ぼちぼちネタも固まって来たので、「ア○マスMAD」の新作の制作を始めたいと思うのじゃよ。
 今回も使用曲のタイトルを伏せつつ進めてみるので、宜しければ予測してみて下され。
 センターやよいで、脇侍にあずささんとまこまこりんとかそんな感じです。
 一見ようわからん組み合わせな気がしますが、相変わらずのお気楽極楽動画になると思うので、どぞよろしゅう。
 わしゃ描きたいところを描きたいように描きたいだけ描けるよう描こうと思う。
 いやそりゃいつものことなんじゃけどね。
 それにしても、第一作と比べるとなんつうか絵柄が変わったなあ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-26

海上大決戦!柳生新陰流対二飛々天一流!!

20090625_01.jpg


20090625_02.jpg


20090625_03.jpg


 これが噂の「いおまこ」か。何か違う気もするがこれはこれでなかなか味わい深いものがあるのじゃよ。元和偃武。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2009-06-25

いおりん払暁に起つ。

20090624_01.jpg


20090624_02.jpg


 後世に曰く、七郎殿は兎角世の風聞をば聞かずとや。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2009-06-23

さてお待ちかね(わしが)。

20090623_01.jpg


20090623_02.jpg


 遂に「いおまこ」激突か。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2009-06-23

「そしたらまあものの見事に大フィーバーですよ、大フィーバー。」

20090622_01.jpg


20090622_02.jpg


20090622_03.jpg


 春香さんは素敵に無敵。

theme : アイドルマスター
genre : ゲーム

2009-06-22

梅雨って嫌いじゃないぜ。

200906topf.jpg


 梅雨は梅雨で、土日に「あーあ、こんな雨じゃ自転車にも乗れねえや」とか言いながらまんざらでもない顔でまったりと雨の音を聞きながら本を読んだりカントリーなんとかドカ食いしたり昼寝して妙ちきりんな夢を見たりと楽しいこともあるのじゃよ。
「そうですかー?僕は嫌いだなあ。だって洗濯物が乾かないんだもの」
 真や、そんなものはいいからこっちで一緒に近藤和久とか読もうぜ。
「DOKDOKDOK!」
 DOKDOKDOK!!

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2009-06-21

『オレはロイヤルスケベ』35発目

oresuke035_01.jpg


oresuke035_02.jpg


oresuke035_03.jpg


oresuke035_04.jpg


oresuke035_05.jpg


oresuke035_06.jpg


oresuke035_07.jpg


oresuke035_08.jpg


oresuke035_09.jpg


oresuke035_10.jpg


 高校生の創作活動は基本的に個人制作が主なので、アニメの自主制作を集団で始めると、結構人間関係でストレスを感じることが有るようです。バンドなんかやってたとしても、オリジナル曲でなければ創作に対する意識のぶつけ合いの度合も弱いだろうし。
 んで、正直こんなことやってると「もう絶対にいつかは個人でやる!」と思ったりするのですが、いざ個人になると集団制作も良いものだったなあ、と。
 わしはこんな人格ですが仲間には恵まれたおかげで、随分と楽しく好き勝手にやらせて頂いたような気がします。改めて当時の仲間に深い感謝を。また肉でも食って酔っ払って徹カラでもしに行きましょうぜ。

theme : 自作漫画
genre : アニメ・コミック

2009-06-20

ものすごく気分が落ち着いています。

20090619.jpg



 先ずは前回のテキストに関して改訂のご報告を。わしことminoと紹介した動画の制作者とは一応別人格として認識して頂きたい旨を加筆致しました。拙ブログに毎度いらっしゃって下さっている方にはくどい文句でしょうが、念のためそのように改訂致しました。ご寛恕下さいませ。と言いつつも、この報告をしている時にはすでにもう改訂版がアップされているわけで、かと言って逆にここで報告してから改訂するとやっていないことを報告することになってしまうし、どうしても事後報告になってしまうのであった。
 さて。
 今日も落描きしてました。例の美味いハイボールこさえたりして。特に意味は無いけど気持ち良いです。クールダウンみたいなものなのじゃろうか。とりあえず良い晩です。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-19

完成しました。




 出来ました。
 やっと三作目です。毎度のことにて恐縮ですが、拙ブログのことは「ニ○ニコ」界隈では何卒ご内密に、また、わしことminoと今回紹介した動画のPとは別の人格と言うことでお願い申し上げますのじゃよ。
 さて、ぐっすり寝るか!

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-18

さてそろそろクライマックスだぜ。

20090617.jpg


 ここまで来たら泣きごとはやめようとは思っている。よってこれは泣きごとではない。嘘偽りなく、もう、マジで、自分の作品が面白いのかどうか判らんのじゃよ。
 そんなわけで、今宵も落描きして心を落ち着かせたりしてな。
 幸せです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-17

いよいよ、って感じですわ。

20090616.jpg


 演出が決まりました。
 もう何回見たのだろう。下手するとわしにしか判らないような微調整を繰り返した。この作業を始めるといつまでも続いてしまい切りがない。
 そこで自分の中でとりあえずの「合格」ラインを設けて仕上げるのだが、問題は作品が面白いのかどうかはっきりと判らなくなっているので設定した「合格」ラインが第三者の目から見ても「合格」に相当するのか自身が無いことね。ああ、落描きで心がゆったりとなる。これはこれで楽しいんだよな。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-16

あああいつもの制作末期ダウナーとかそんな感じ。

20090615.jpg


 正しくは「ダウナー」とはちょっと違うな。楽しいのでハイでもある。
 また、「いつもの」と言うほど色々と動画を制作して来た訳でもあるまい。
 とは言え「これ本当に面白いのかよー?面白いと確信出来ないならつまんないんじゃねえのー?」と言う呟きが脳裏をかすめる。
 ああ、早く完成させたい。でも完成したらもう手入れ出来ない。
 とりあえず、並べる段階に入ったので通例のように落描きするのであった。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-15

とりあえず作画が終わりました。

05_ラスト75


 ううむ。描いている方はなかなか楽しかった気もするが、はたしてこれ、動画にして面白いものか。
 こればっかしはやってみないと判らん。
 と言うか、多分やってみても判るまい。
 以前にも書いたが、わしは、もうここまで来ると、自分の作品が面白いのかどうなのか客観的評価が難しくなる。
 何でもいいからお気に入りのアニメや漫画を一つ思い起こしてみて欲しい。どんなに好きでも、それを毎晩毎晩、繰り返し見たり読んだりしていれば段々感覚が麻痺してこないだろうか。大体あんな感じか。
 これがイヤなんだな。自分が下手すると全く面白くない可能性の有るものを制作してしまったのではないか、と言う感覚。
 ちなみに、この感覚は動画に限る気がする。少なくとも拙部ログに上げているような1ページ15分前後で仕上げているようなおマンガの類じゃあ感じませんわ。描いている快感が生でそのまま表現されていくような感触。
 そんなわけで、結局今回も作品が面白いのかどうかを自分では全く判断出来ないまま制作が終わりそうです。
 ほんと自分で言うのも何だが、陶芸とは上手く喩えたものよ。
 ただし、こいつは運に左右される割合が陶芸と比べて遥かに少ない。作品を形成する要因のほとんどがわし個人に帰する。そこが良いな。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-14

『課長王子』が見たいような気がする。

05_ラスト67


 御存じだろうか。『課長王子』。
 一児を持つサラリーマンが夜な夜なフライングVを弾いて宇宙の平和を守ると言う、これだけ聞くと全く訳が解らないアニメ。
 この訳の解らなさを見事にパロディした田丸浩史のオフィシャルコミックが有る。うん。パロディなんだけどオフィシャル。あれは凄まじかった。
 それはともかく、サラリーマンが宇宙を守るアニメ、『課長王子』である。
 サラリーマンだって、宇宙を守れるんだ!
 いやそれは「ダイガード」。
 あれも好きだったなあ。
 それはともかく、ロックが平和を築くアニメ、『課長王子』である。
 ロックがこう巨大兵器にびびびっと効いてそっから敵に向ってばばばっと。
 いや違うって、「マクロス」じゃねえって!
 何はともあれ、どうしょもなくと言う程ではないが、出来ればまた見たいぞ、『課長王子』。
 なんだかんだで最終回がしっかりガチだったのがとても良い思い出である。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-13

色々テレビば見てた。

05_ラスト28


 昨晩はFC2全体で機能障害が有ったらしく、更新出来なかった。
 FC2は便利なんだけど、希にこういうことが有るのが玉に瑕ですな。
 んで本題。
 今日の『イナズマイレブン』の再放送はすごかった。
 噂に聞いていた通りのド当り回。
 三人娘がメイドコス。
 もうこれだけで見ていて良かった。
 その上、まさかサッカーアニメでおたくトークを聞くことになろうとは思わなかった。
 と言うか、対戦相手校のメンバーがみんなおたくだった。
 もうあれですよ試合に負けて三人娘はそのまま相手のおたく12人(監督含む)によってたかって強制的にゃんにゃんされると言う展開に期待。もちろんそんなことにはならず。
 それでも脳内でしっかり補完する。これこそわしのわしたる所以か。
 そんな感じの金曜日でした。
 あとは、そう、「サヴァイヴ」の再放送を消化していて「うっひょー!作画がばらつきまくってる!これだよこれ!」と楽しんでた。
 みんなの非常食であるところのハワードは今回も変わりなくしっかりとダメだった。
 それから、どうしてパグゥはルナに肉体関係を求めないのか、求めれば素晴らしいのにな、と思った。
 『必殺仕事人2009』では新入りのキャラがどうしても経師屋と被っているように感じた。あと男女比率が極端に偏っている江戸でお見合いを100組成功させると言うのは凄まじいことではなかろうかと思った。
 『世界ふれあい街歩き「黄山宏村」』で明清時代から残る町並みを見た。番組ではほのぼのとしたアットホームな町として描かれていたが、あの路地の狭さは下手にバックパッカーなんかが踏み込むとカモられそうだな、と思った。
 それから、明代から残る家に住むおっさんが、用水路の掃除をしているくせにジャケットを羽織っていて面白かった。撮影されるから着たのだろうが、お前その格好でどぶさらいはしねえだろう。スタッフが「ここで用水路いじってて下さい」とお願いしたのがバレバレ。
 そうそう。油屋では菜種を持って来ると油と交換してくれると言う話だったが、それだと商品が現金化しないよね?やっぱり多目につくっておいて、コミュニティの外で現金で取引するのかな。
 なかなか楽しい夜でした。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-11

真とでっかいバスタブであわあわいちゃいちゃしたい。

04_間奏12


 真と一緒にでかいバスタブで洗いっことかしたい。
 「ZZ」のプルの入浴シーンとか、あんな感じで。
 もうなんか「あとのことなぞしったことか」ってノリで思いっきりメイクラブりたい。
 理由もクソもあるか。おれぁ真と風呂に入りてえんだよ!
 はいはい、乱世乱世。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-10

そらあかん!そらあかんできみ!

03_トラトラウマ78


 『ストップ!!ひばりくん!』はちゃんと読んでおかなきゃ!
 でないと某「てんで性悪」の正体が判らないじゃない!
 それはともかく、普通にありゃあ名作だと思うのであった。
 問題は、知らない人に勧める時(特にパンピー性の強い人)、ちょっと勇気が要ることであった。
 乱世であった。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-09

幼児向けアニメで欲情する人。はーい。

03_トラトラウマ68


 今更だけど幼児向けアニメのキャラデザってペド全力ど真ん中のくせに変に媚びてないからとてつもなくエロい時があるよね。
 いやまあ何が言いたいかと申しますと「まいん」の件です。
 こりゃペドい!こりゃペドいわ!!
 クッキンアイドルまいん!
 キャベツにベーコン挟んでチーズ振ってチン。
 それだけで春キャベツのグラタンなんだってさ。
 グラタンとは皿に乗せてオーブンで焼いたもののことだそうで。
 いやー、でもそれって要はただ茹でキャベツと違うのか。
 試食時に「おいしい」とも「うまい」とも言ってなかったのだが、やっぱりそう言うことなんじゃなかろうか。
 そう言えば、アメリカの料理番組では料理を作るところまでで試食はしないんだそうな。思うに、そこで「うまい!」って言ってしまうと、後で視聴者から「うちで作ってみたが不味かった!嘘つくな!」と訴えられるのが怖いからじゃなかろうか。
 あの春キャベツのグラタンとか言うのもその類じゃなかろうか。
 なにはともあれ「まいん」はペドい。
 以前も書いたが、わしゃあの赤髪のライバル娘の縦巻きロールにちんこ入れたい。
 次に「イナズマイレブン」。ネタアニメとしても面白いが、真骨頂は三人娘のエンディング。
 一押しはおでこ眼鏡。
 でも理事長の娘さんも良い。部室に入ってきて一言、「臭い」。痺れたね!!
 最後に「バシン」。
 マイサンシャインとは「わしのためだけに産射淫」の意とみた。
 メガネコはメガネが無いなら潔くメガネナシコに改名すべき。でもかわいいから特赦を与えたい。
 バシンのママは深夜になるとタクシーの運転手をしながら車中で色々といかがわしい商売もするものと信じたい。
 そんなわけで、最近幼児アニメが充実している気がするわしなのじゃよ。
 めでたしめでたし。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-08

「里見八犬伝」の「架空戦記」ってもう有るのかな。

03_トラトラウマ49


 「里見八犬伝」ってスピンオフし易いよね。
 んで、その「アイマス架空戦記」って有るのかな。
 PCでキャプチャーしなきゃいかんことを考えると、動画では多分無いよね。
 漫画や小説でやってる人いるのかな。
 これも難しいだろうなあ。長いし。
 第一メインはあくまで八人(あとは法師か)なのでキャラ充ても難しそうだし。
 とは言え、妄想は膨らむわな。
 信乃は真か千早だろう。育ちを見れば断然真だが、ビジュアルイメージは千早に近い。
 「もやし祭り」と言うことで道節はやよいか?でもあの単細胞っぷりはむしろ真だよなあ。なによりやよいには庶民的背景と筋力の点から小文吾が映える。
 チートの親兵衛は美希ですな。
 みんな大好き(?)毛野は・・・ああ、ここに千早だ。そんでやよいの小文吾といちゃいちゃすればいいじゃん。
 「里見八犬伝」に最初に触れたのは小学校の時。少年向け文庫版みたいなヤツでのことだった。子供心にも毛野のそこはかとない背徳的な「卑猥」さに心ときめいたものである。
 あと序盤では挿絵で信乃だけが総髪姿なのに他が月代姿で描かれていて、主人公が視覚的に判別し易くなっていた。八犬士って基本的にみんな良い子なので増えるとキャラの判別が難しくなったりするのだが、あの処理の仕方はなかなかのものだったと思う。
 それはともかく。
 もし漫画が何かでやるとしたら、タネ本はやっぱり原典か。
 凄い長さだよなあ・・・・・・。
 一応その後、原典ではないけどハードカバーでそれなりの一巻モノを入手したのだが、逆にはしょり過ぎていて専攻の人なんかに「え?どうしてそこ飛ばすの?」とか言われそう。
 いっそのこと、「信長」シリーズのどれかを使って八犬士の子孫と言うことでアイドル八人を里見家に所属させた状態でプレイし、動画にするとか。
 ・・・それ「里見八犬伝」か?
 むしろ「アイドル八犬伝」だよなあ。なんちゃって。
 おあとがよろしいようで。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-07

アイドルのパンツに関する一考察。

03_トラトラウマ29


 アイドルのパンツが見たい。
 箱○でアクシデント発生を待つのはもう良いだろう。
 これからは自らパンツを創造する時代だ。
 そんなわけでアイドルのパンツについて考える。
 さあみんなで妄想(かんが)えよう。
 春香は白でリボンが付いているものとみた。事務所に来てPのことを考えるとすぐにジューシーポーリー的な事態に陥るので、常に予備を多数持参している。
 千早は下手すると「別に何でもいいですけど」と色気もへったくれもないぼわぼわしたのを穿いているんじゃなかろうか。事務所に来てやよいを見るとすぐにジューシーポーリー的な事態に陥るので、常に予備を以下略。
 真が実は一番きゃわゆーいおパンツを装備している。白とピンクのストライプでちょっとひらひらとか。父親に見つかると捨てられるので、洗濯は秘かにコインランドリーでしている。風呂の脱衣所にパンツか見当たらないことを怪訝に思う家族と雪歩。
 雪歩はパステルカラーの無地。ただし真と会う時はいつでも襲えるように紐パン。事務所に来て真と会う度にジューシーポーリー的な事態に陥るので以下略。
 やよいのパンツはところどころ破れたのを繕った跡がある。仕事で作ろうが終わらない時は妹のもの、希に弟のものを借りたりもする。
 伊織は綺麗好きも手伝って一度穿いたパンツは二度と穿かない。シンプルながら高品質なパンツが日々どんどん捨てられるが、大量のそれがどこに行くのかは誰も知らないが、水瀬財閥の系列会社の一つに「IPS」(=「Iorin`s Pants Sharing」)なるものが存在することを付記しておきたい。
 亜美真美は同じメーカーのアニマルプリント。ただしそれだと洗濯後に区別が付かなくなるので、爬虫類が亜美、哺乳類が真美となっている。
 あずさは実はパンツに対して無頓着。夏場は涼しいからと平気でトランクスを穿く。いずれ運命の人に出会ったら穿こうとスケスケだのTバックだの持ってはいるが未使用。
 律子のパンツはセクシー。普段からそれなりに気合の入った柄物や時にローレグなんかも試したりする。あずさの勝負パンツは律子の見立て。
 美希はたまに穿くことを忘れる。事務所に来てハニーを見るとジューシーポーリー的なことになるが穿いていないと結構えらいことになるのだが、本人は一向に気にしない。
 ああ。今夜は良い夢が見られそうだ。
 

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-06

考えてみりゃ贅沢な「暇つぶし」だよなあ。

03_トラトラウマ10


 考えてみりゃ贅沢な「暇つぶし」だよなあ。「ニ○マス」って。
 制作する側の機材の価格とか、宣伝ポイントだとか、そういうカネ的な意味ではなく。
 あくまで想像だが、「ニ○マス」Pって、毎日の余暇を使って、ちょっとずつちょっとずつ制作していると思うのじゃよ。しかも毎度のことながら技術インフレ起こすぐらいのハイクオリティを維持しつつ。
 そして完成したブツを、我々は一円も払わずに、3分前後で味わってしまえるんだよな。
 贅沢だよなあ。制作する側も大概だぜ。だって基本的に一円にもなんねえのに、わざわざ余暇を潰してやがんの。
 何がそこまでお前を駆りたてる。
 愛か。アイドルへの愛か。
 アイドルはお前になんにもしてくれないぜ。
 でもそんなこと関係ねえよな。島本の言葉を借りるなら、物を愛するっていうのは見返りを求めてのことじゃないんですよ、と言ったところか。
 おお、無償の愛。
 そう言えば、宗教美術に高度な技術が惜しみなく用いられるのは、難度の高い技法を己に課すことで信仰の深さを証明するためだそうな。
 なんか似てる気がするのはわしだけか。
 もちろん、宗教美術とは異なり、高い技術を使えば愛が深いとは限るまい。「ニ○マス」は技術だけではなく、アイデアやセンスの面でも(贔屓目に見ても)「ニ○ニコ」の動画ジャンルの中で高い水準だと思う。
 要は、アイドルへの愛のためだけにハイクオリティな作品を生産しているのが「ニ○マス」というジャンルなのだと言える。
 傍から見るとただのなんとやらじゃね。
 わしも「なんとやら」に加えて欲しい気がするようなしないような。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-05

パッキャーン!!

02_あー64


 タイトルはエンカウント時の効果音。何の話か以降じっくりお話したい。
 その前に、つい先ほど手違いでタイトルだけ書いてアップしてしもうた。
 もしも不快に思われたならば、ご寛恕めされよ。
 さて本題。
 今日、エレベーターに乗ったら三方が整備用と思しき緑のプラスチック板で覆われていてびっくりした。
 想像してみて欲しい。広さ一坪ほどの小さいエレベーター。ドアが開いて乗ってみたらドア以外の三方が緑一色。
 字面だけ見るとすわ役満御祝儀モノとめでたい気分になるが、こっちの話だとそうでもない。
 普通エレベーターって、奥は窓ガラスか鏡になっているじゃん。
 ああ、そうだ、話が脱線するが、あれ鏡にするのにはちゃんと理由が有るらしいのだがご存じだろうか。伝え聞いた話だが、海外だとエレベーターって密室なだけに犯罪発生率がそこそこ高い状況なのだ。よって、鏡を張ることで少しでも後から乗る客の死角を減らすんだそうじゃ。先客が後ろでに武器を隠していても解るように、とか。
 閑話休題。
 いきなり視界を緑色で覆われると結構びっくりする。
 驚いた後で思わず「異界化するとこんなんなのかな」と。
 ご賢察の通り「メガテン」の話である。
 エレベーターの内部構造って、あの3Dダンジョンほ訪仏させるんだよね。それで緑一色なわけですよ。
 思わず月齢を数えるところというものよ。
 そこでタイトルに戻るわけである。エンカウントして「パッキャーン!!」。
 ちなみにその時、わしは夏に好んで白のジャケットを着るためになんとなく「デビルサマナー」な気分になれた。「メガテン」だとあれが一番好きじゃね。次が「魔神」か。
 そんな感じでした。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-04

なんつうかわがままな人間じゃね。

02_あー41


 ここ数日の間に、まことありがたいことに「合作」と言うかなんと言うか、そんなお誘いをいくつか頂戴した。
 そして無礼にも断るわしであった。
 理由は色々ござるのだが、何よりも、誘い水を差し向けてくれた方々が恐らくわしに期待して頂けただけのクオリティを提供出来る自信がない、と言うのがとても大きい。
 今の「MAD」制作の何が良いかって、締切がなくて、何よりその完成度についててめぇだけでケツ拭けることなのじゃよ。
 こんなだらだらとした制作スタイルで、人様と一緒にやって、結局十分なものが出来なかったらと考えると、ぶっちゃけすんげえ怖いわな。
 なーんてことのたまわれると、さもいっぱしの同人屋みたいだが、無論そんなことはないのであった。単に一定のクオリティのものを安定して定期的に生産出来る自信が無いだけなのであることよ。
 わがままなヤツじゃね。
 一昔前のわしだったら、他所様から「一緒に・・・やらないか?」と誘われたらホイホイ付いて行ったろう。つうか、本来それが誘ってくれた方に対する礼儀だと思う。
 また、下手すると星の数ほどいる「ニ○マス」P各位の中には、「こいつ誘われたのに断るなんて何様のつもりだ!?」とお怒りになる方もいらっしゃるだろう。正しいね。
 でも今は怖いわな。だってちゃんとしたもんが出来るかどうか解んねえんだもん。
 そうさのう。喩えるならば焼き物かのう。
 とりあえず練って窯に入れたは良いものの、それが果たしてきちんと、自分がいつも他者に見せているだけのクオリティを伴って焼きあがるかどうか皆目見当がつかん。
 もっと経験を積めば、焼く前に解るのだろうか。
 使用時期、現在制作中の「MAD」も面白いのかどうか良く解らなかったり。
 まあつまらなかったならつまらなかったでしょうがない。と、諦められるのがありがたい。
 そんな感じで今日もたらたらと制作しました。
 ありがたいお言葉を投げて下すった各位には、ほんと申し訳なさでいっぱいです。もっと経験積んで、少なくとも「まあどう焼き上がっても常用は可能だな」ってレベルにはなりてぇな、と感じています。
 今後とも宜しくお付き合い下さいましたら幸甚です。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-03

最近高校の頃の夢を良く見るのじゃよ。

02_あー17


 なんでだろ。無意識のうちに戻りだがってるのかな。
 確かに高校の頃って楽しかったか否かと問われれば楽しかったが、戻りたいかと問われれば「中間試験が無ければ」と答えたいところだ。
 高校によっては中間試験が無いところも有るようだが、わしのところは有った。
 わしゃあれが嫌いでのう。期末と違って終わっても長期休暇に入るわけでもなかったし。
 何より、当時のわしは今では考えられないくらい毎夜毎夜真面目に原稿用紙に向かって小説を書いていた。それ自体は楽しかったが、試験が近づくとそれが出来なくなる。
 あれがきつかった。頭の中では色んなアイデアがぐちゃぐちゃと煮込まれていくのにアウトプット出来ないんだもの。
 それに比べると、現在は自由時間こそ格段に減ったが、何と言いますか最初から時間が無いのだから毎夜思う通りに創作なんか出来るわけおまへん(何故京都弁)、と諦めに似た感情がしを落ち着かせるのである。
 んで。
 件の夢の内容だが、不思議なことに夢の中で高校生と言う設定であっても、中身は今のままなんだよね。
 社会的身分のみ高校生、と言いますか。
 結構屈辱的ですよ。なんつうかバリバリの多留生みたいで。
 周囲もわしのこと、今のリアルの年齢として対応すんのね。
 ますます屈辱的ですよ。
 おまけにどうでもいいような日常が主で、友人と書き合った小説を見せっこするとか、バンドの練習するとか、そういうシーンはあんまり出て来ない。
 クラスメイトにまこまこりんが居る、とかそこまで贅沢は言わないけどもう少しイロ着けちゃ貰えませんかね。
 最後に、話は変わるが、今回は途中で動作ミスでブラウザを一つ戻ってしまった。
 ああ、しもうた、全部パーか、と思ったら下書き保存されていた。FC2の仕様なんだって。前も一度この機能にお世話になったんだけど、ありがたい。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-02

六月と言うと『ゼクシィ』とかバカ売れするんでしょうか。

02_あー04


 どうなんだろ。この時期に入籍しといて、式は後で、と言うならバカ売れか。
 時に、先ほどタイトルだけ書いて間違ってアップしてしまいました。面喰った方いらっしゃいましたらご勘弁を。と言いつつ、この弁明を書き忘れて今再編集しているのだが。今日は三回アップしたようもんじゃね。
 さて。
 でも現代人にとって「結婚」とは入籍することは当然大事ではあるが、式を通じて周囲に「私は結婚しました」と報告し、ライフスタイルを独身時代のものから変化させることを宣言するのも重要なわけで、そう考えると六月に入籍しても式の方を六月にやらなければ周囲に「私はジューンブライドよ!」と誇れないから、やっぱ『ゼクシィ』は六月より前に売れるのだろう。または一年前とかか。
 つーかジューンブライドってどこまで信憑性有るのだろうか。そもそもここで言うジューンとは新暦か旧暦か。グレゴリオ暦かユリウス暦か。皇紀か仏暦かイスラム暦か。トルコだとキリスト教徒も少ながらずいるので、かなりマジで月日の換算について慎重にならざるをえないと思うのだが。多分wikiればジューンブライドの由来について何がしかの情報が有るのだろうがまあ夜も遅いし明日に備えてとっとと紙幅を埋めて寝るとしよう。
 ちなみにラストエンペラー・溥儀は自身の誕生日を新暦で祝われることを快く思わなかったそうな。そりゃそうだ。
 んで。
 ここをご覧の諸兄の何割かは既にアイドルを嫁に貰っていることと思う。
 彼女たちと六月にめでたく入籍したとしよう。
 ここでやっと今日の本題に入るわけだが、やっぱウェディングドレスが良いのだろうか。
 ベタだが、わしゃ雪歩には白無垢着て欲しいのじゃよ。
 ミニウェディングが有るんだから次のDLCには白無垢を!
 更に私的な趣味じゃが、まこまこりんには是非爆竹鳴らしながら紅色提灯に囲まれて朱塗りの籠でわしの家に来て欲しい。無論作法に従い「親と別れる悲しみ>わしと一緒になる喜び」のフリでわんわん鳴きマネしながら。ベッドイン時には全裸になって絹の袋に包まれて運ばれてくるのじゃよ。そしてわしとまこまこりんの愛の営みが起居註なんぞに記されるわけです。
 ところで、とかちと結婚する場合どうすりゃええのか。
 とりあえず重婚は可能になったとして、やっぱり二人居るんだから、それぞれ違う装いのが面白いよな。ウェディングドレスと白無垢でわしを左右からはさむ。
 またはまこまこりんをウェディングドレスの美希と白無垢の雪歩が挟む。
 ん・・・?・・・『いなかっぺ大将』・・・?
「プロデューサー大先生!」
「立派になったのう、まこじゃいもん」
 紳士空中大回転!
 なんかネタの記憶が曖昧になってきたし、分量も程良くなったので寝ます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-06-01

送ってくれてありがとう。

01_んなやつぁ56


 先日ここで紹介した120%ポジティブな意味で「バカ」な某氏から、「サミー」のCDが三枚も届いた。
 本当ならちゃんとメールでお礼を述べるべきだろうが、ここでネタにしたし、氏もここでわしの生存確認をしているだろうから、やっぱりここでお礼を述べよう、と思った。
 そしたらケータイにメール着信。送ってくれた理由が解り感動。そうか。そう言うことだったのか。
 一応返信して、今回の件についてはお礼を述べたのだが、今一度ここで述べておく。心からサンクス。近いうちに聞いて若返ろうと思う。
 こうなると、何かお返しの品のことも考えるべきか。
 ふむ。どうしたものか。
 やっこさんとはわりと「創作的」な付き合いなので、何か、そうさのう、氏がTRPGで使っているキャラクターをメインにしたPVとか。いやPVだと丹治洋美までに出来るかどうか危うい。じゃあマンガとか。
 やっぱダメだ。わしゃあくまで同人誌も出さないアマチュアじゃもんね。同じアマチュアでも、それ相応に売れているならともかく、今のわしが描いてもそりゃあ小学生がクラスのお誕生会でプレゼントに絵を描いて贈るようなもんじゃよ。
 贈り物は心、と言うのは真実じゃが、今回頂戴したものに「心」だけで返してはやや申し訳ない。
 んー、何が良いかのう。
 TRPGやってんだからメタルフィギュア・・・。でも、他がみんなおはじきとか使っているのに、氏だけメタルフィギュアにしてもなあ。
 じゃあフィギュアをフルスクラッチとか。一度もやったことないのに?
 ううむ、ネタとしては良いが危険。
 オ○ホールとか。
 ああ、それ面白いな。
 どうせだから自作するか。いやそりゃ無謀だな。
 せめてあれだ、パッケージイラストをやっこさんの好みのものにするとか。
 だったら、A3ぐらいで氏の好きな二次元ギャルのヌードを描いて添付するとか。
 逆にケンカ売ってるみたいじゃね。
 何にせよ、どうにかこうにかしてみたい、と思います。
 ほんと、返す返すもわしほど優しくする甲斐の無い人間も少ないんじゃなかろうか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。