2009-07-30

ティータイムストーリー

history200907_01.jpg


history200907_02.jpg


history200907_03.jpg


history200907_04.jpg


history200907_05.jpg


 今回はお茶の話です。
 茶を飲む民族は数あれど、飲用方法を複雑化し権威有る者のみに許された特殊技能のようなものへと変化させたのは日本の茶道ぐらいのようですな。
 利休の「茶室に入れば身分の上下は関係ない」と言う意識は、その後複雑な抹茶の飲用よりも簡易な煎茶の登場によって、自然と特殊技能化されてしまったように思えます。だからこそ中国のように煎茶のみが圧倒的に普及しているという状況にならなず、「教養」として生き延びられたとも考えられますな。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2009-07-29

おそろしきもの。おあいその時にネガティブな意味で想定外であること。

02_派手に24


 特に付き合い酒の類で「ここはわしが多めに出しとくよ」と言ったあとで「あ、予想より指二本ほど多かった」なんて時、イヤな汗が出ませんじゃろか。
 流石に今まで払えませんなんてことはなかったが、帰りの電車代を心配したことは有った気がする。
 一番おっかないのは付き合い酒と言うより食事会の時な。洋食屋とかで、メシそのものはコースで頼んじゃうからあらかじめ勘定が見えてるんだけど、飲み物が伏兵。料理が変わったから酒も変える、なんてことしてたら先ず初期予算はふっとぶ覚悟が必要。しかもわしは下戸なので、ボトルで頼んでもそんなに嬉しくなかったり。
 じゃあ飲み放題の居酒屋に行けばいいじゃないか。ごもっとも。でもわしの業界って酒よりも料理に気を使う人間が多いのじゃよ。その上酒豪揃いだからがばがば杯を空けるし。
 そんなわけで、宴席の支度を任されると結構困る。
 最近はS駅の四川料理屋でこなすことが多い。客の3/4がネイティブで味付けも日本人に媚びていない。値段も手ごろ。ここで紹興酒のボトルでも頼んでおけば、とりあえずそれなりの値段でそれなりに盛りあがれます。
 ただし辛いものが苦手な人がいるとどうにもならないところが玉に瑕か。
 ハチノスの炒め物で唇を赤く腫らしつつ汗だくだくかきながら真とビールとか最高じゃないですか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-28

昨日今日とわしがんばっているのです。

02_派手に11


 えらいぞ、わしよ。
 あと明日もまだちょっとあるみたいだから、がんばれ。
 さっさと睡眠を摂ることにします。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-26

『オレはロイヤルスケベ』36発目

oresuke036_01.jpg


oresuke036_02.jpg


oresuke036_03.jpg


oresuke036_04.jpg


oresuke036_05.jpg


 今月は言うなればメインストーリーに絡むお話です。
 毎度のことですが、この『オレはロイヤルスケベ』については三年近く前から続けているもので、素でに身内ネタと化している部分が多々有るように思えます。
 よって、「なんのこっちゃ」と言う場合はどうぞそのままに。

theme : 自作漫画
genre : アニメ・コミック

2009-07-26

ホストクラブなんて行ったことねえよ。

01_夢は28


 当り前っちゃ当たり前だが、わしゃホストクラブなんて行ったことねえのじゃよ。
 そんなわけでも描こうとしても極めてステレオタイプなイメージがぼんやりとしか浮かばない。
 こんな時しみじみと「便利な時代になったもんだなあ」と思いつつ、グーグルでイメージ検索。
 しかし、ホストクラブの営業時間帯の入口って、そんなに画像が無いのね。
 これまた当然と言えば当然であろう。
 だって、例えば今からわしが、「そんじゃま、いっちょ取材して来るか」とカメラ持って歌舞伎町にでも繰り出してだ。店にも入らずホストクラブの入口を撮ってたら明らかに変じゃよね。ことによってはおっかないあんちゃんとか出て来て怒られそう。
 あと、イメージ検索した限りだと、ホストクラブの入口って結構小さいのね。何故なら地下のテナントに店を構えていたりするから。
 テレビドラマとかに出て来るモノトーンに金銀ギラギラの「いかにも!」なホストクラブって少ないのかも知れん。
 しかしそれでは映像化するにはイマイチ映えませんわな。地下に続く階段と小さな看板だけ描いても、それはリアルであってもホストクラブをイメージさせる記号としては不十分であり、結果として解り辛い画になってしまうわけだ。
 しかるにほとんどイメージだけで描いた。
 あと今更だが柱に薔薇とかが絡んでいるがらしいな、と思ったので描き足すことにする。
 こう言う時、給料貰って描いてると「実物見ないと描けないぜー」とかごねることで会社の金で本物の店に行けたりするのだろうか。でもホストクラブ行ったって・・・いや、ネタ的には面白いか。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2009-07-25

「ニ○マス」Pの平均年齢ってどのくらいなんだろうね。

01_夢は21


 「アイドルマスター」ファンの裾野って結構広いと思うんだ。多分中学生でもいると思う。
 「ニ○マス」ファンも同様に結構いると思う。ただし中学生以下はそんなにいないんじゃないかな。だって作品の中で、本来「ニ○ニコ」の主流であった筈の音楽メインの動画ではなく、映像作品を志向するものが増えている気がするから。逆に言うと音楽メインのシンクロ系PVでは勝負し辛い時代なのかも。
 それはともかく、音楽って何の気構えもしないで楽しめるけど(勿論そうでない音楽も多いが)、映像はそれを楽しむのと同時に読み解かなくちゃいけないこともあるわけで、これって小中学生にはきついと思うんだよね。
 そんなわけで、「ニ○マス」ファンは高校生以上、下手すると大学生以上が主体ではないか。
 では、「ニ○マス」Pはどうか。
 技術インフレの度合とソフトの使用状況を見ると、やはり高校生Pは少ないと思う。
 制作にかける時間を考えるなら大学生が最大多数である可能性は高い。
 しかし、ここで諸兄の御意見を伺いたい。
 「ニ○マス」のネタのセンスって、明らかに20台以降のものを感じないか?
 もっと具体的に言うと、20台中盤前後。
 一昔前風に言うならば「R25」世代。
 これはあくまで自分自身の経験なのだが、やっぱり二十歳ぐらいまでって、何をするにしても「その場の楽しさ>精度」だった気がする。言うなればわしがこのブログで描くマンガみたいなノリ。
 でも、次第に一人遊びにも精度を求めるようになる。よりクオリティの高い行為をすることに快感を覚える。それってやっぱり二十台の半ばくらいからじゃなかった?
 「ニ○マス」の精度の高さを見ていると、自分の体験と照らしても二十台中盤以降が多く制作しているように思えるのじゃよ。
 で、ほんとのところはどうなんだろ。わりと気になるかも。誰か調査してくんないかなw

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2009-07-24

そして今月も一枚オリジナルを描いたのである。

200907topf.jpg


 最近めっきり物騒ですな。
 お引越し一つするにしても、いつどこで大切な荷物が宇宙海賊に狙われるか知れたもんじゃありません。
 そんな時、安全志向の貴方には信頼と実績のイワモリお引越しサービスがおススメ。
 月面開拓時代から続く創業150年以上の老舗、イワモリお引っ越しサービス。
 現社長はエルフ族のエリザベス・イワモリ。荷造りから白兵戦まで力仕事なら宇宙一。
 父から厳しく仕込まれたためかなり男勝りな性格。本人も気にしている。そのため「女のくせに!」等ネガティブな意味合いで女性扱いされても照れる。でもその後気付いてマジ怒る。
 いざとなれば溶接器にもなる大剣が得物だが、彼女の攻撃パターンの中で一番痛いのは愛用の重装甲ブーツによるヤクザキックだ。気を付けろ。
 専務のマリエは社長と同じ産婦人科の同じ分娩台で生まれた腐れ縁。
 社長とは義姉妹の関係で、義姉さんと呼ばれている。でも真性レズペドの彼女はちっとも嬉しくない。
 マリエは射撃の達人で火器ならばなんでもござれ。黒色火薬のマスケットから艦載レールガンまで何でも撃ちます。外しません。
 冷静沈着な社内のいぶし銀。おっぱいも大きいぞ。
 仕事ぶりも真面目。実は大のカラオケ好き。きゃぴきゃぴしたアイドルソングとか酔っぱらった勢いで歌いまくるぞ。しかも普通に巧いぞ。
 家の関係で多少医術の心得もある。荷物に傷は付けないが体の生傷はお目にかかるこの仕事では貴重な存在だ。頼もしい。
 だから書籍・文書類の梱包中に銜え煙草かますぐらいはご愛敬。
 金は欲しいけど稼ぎ方がよう解らん二人を支えるのが経理にして義姉妹の三女、ナタリア。
 8歳にして経済学、商学、金融工学等合計12の博士号を取得した天才。しかし幼児天才キャラのご多分に漏れず8歳にして人格破綻気味。
 最近の趣味は味見をしないで創作料理をして誰かに貸しを作り完食させること。誰かとは言え友達が少ないので大体エリザベスかマリエがターゲットとなる。
 しかしエリザベスは味音痴だしマリエは「お義姉ちゃん」と呼ばれるだけで欲情するので、二人とも何を食わせても不味いとは言わない。てか後者は美味いとしか言わない。
 そのせいで自分には料理の才能も有るのかも、と勘違いし始めている。サービスで焼き立てのアップルパイらしきものとか出されても絶対に美味いと言おう。
 この三人が貴方の荷物と生命の安全をしっかりがっちり守ります。
 星間引っ越しの老舗、信頼と実績のイワモリお引越しサービス!
 創業150余年、信頼と実績のイワモリお引越しサービス!
 尚、緊急時に使用する弾丸の代金は初期費用に含まれておりますので、安心して御交戦下さい。
 さあ、今すぐお電話を。


 一ヶ月に一回ぐらいこういうことしないと脳内で色々とアウトプットしたいことが溜まっちゃうのでお見苦しいところがございましょうとも一つ御勘弁のほどをお願いしたのじゃよ。楽しかった。頑張る気力が満ちて来る。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2009-07-22

ようやくわしらしい作品になって来たのではないでしょうか。

01_夢は07


 どんな層をターゲットにしているのか皆目見当がつかないこのアナーキーっぷりこそわしの「MAD」!、って感じではないでしょうか。
 それにしてもあれだ、なんかこんな絵をどっかの新興○教で見たような気がする。
 このあやしさがまた我ながらたまらん。
 いっそのことアイドルランクピラミッドも金色に輝いていた方が良かったか。
 又はてっぺんに目を描いてみるとか。
 もちろんベア様で。
 それにしても、ほんと、やっとこさ本当に自分の作品になってきた感じです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-21

今夜は一枚が限界。

01_夢は01


 長時間拘束と付き合い酒のためにもう早く寝たくて仕方がない。
 頭が重い。まこまこりん、水を、水を。
「プロデューサー、ずいぶんお楽しみだったみたいですね?」
 そんなことない!いや、楽しかったけどこれもいわば日々のノルマの内ですよ!?
「でも・・・いっぱい女の子がいたみたいじゃないですか」
 そりゃ、そういうところだからなあ。
「そ、そんな店に行くなんて・・・!」
 違うよ!店じゃなくてメンバーがそうなの!
「いつも僕以外の女の子に囲まれて!?」
 そうじゃないよ!普段はどっちかって言うと個人作業なの!ああもうめんどくせえな!
「めんどくさいって・・・ひ、ひどい・・・僕はただ愛しているだけなのに・・・」
 そんなこと・・・言わなくたって通じているさ・・・今はただ信じて欲しい。わしのラブのほどを。
「プロデューサー・・・・・・」
 とりあえず、今夜は五分前後で一枚描くのが精いっぱいです。
 このままじゃ、本当に「忘れたころにやってくるP」だな。
 誰がどう待っているわけでもないので焦る必要は無いのだが、あくまで個人的な趣味の問題として、もっとサクサク進めて制作が順調であることを実感したいとか、そんな感じです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-20

ちょっと一段落。

前奏80


 やっと「MAD」の制作に一段落。
 もちろんまだ終わっていないが、一段落である。
 モチベーションが更に高まるのは良いのじゃが、もう七月も下旬に入ったと考えると、やっぱりもう少し制作速度を上げたい気もする。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-20

昼寝の寝入りに見た白昼夢とかなんとか。

前奏75


 本を読んでいたら急に眠気に襲われたのでそのまま昼寝した。
 こう言う時って睡眠が浅いのか、夢なのか現実なのかよく解らないものを見る。
 え?わしだけ?まあとにかく話を続ける。
 布団の中に裸のまこまこりんが居るのじゃよ。
 ナニしたいけど眠くて体がうまく動かない。
 しかたないのでまこまこりんの手を握って「あひー、極楽極楽」とか。
 そしたらまこまこりんてばわしの股間に手を伸ばすじゃん?
 もうっ、わしってば罪な男。アイドルをどう教育したと言うのか。
 何にせよ自然とヤツがビルドアップしていく。
 夏場なので布団が薄く、ここでヤツが臨戦態勢ら入ると傍から見て一発でそうとバレる。
 それは恥ずかしいなあと思い、とりあえず自分の手を股間の辺りに持って行き、こう、なんと言いますか、一ヶ所が明らかに膨らんでいるのではなく股間の辺りからなだらかな稜線を描いたように膨らんでいるかの如く演出するわし。これでヤツがアレなことになっているのはバレるまい、と考える。
 いやバレるだろ。てか横向きに寝れば良かったんじゃね?
 そもそも、別に誰がわしの昼寝姿を見るわけでもないのに何を気にしていたのか。
 そしてそのまま眠りに入った。
 どこからが夢なのかよく解らんが、とりあえずまこまこりんがわしのことラブくて仕方がないことは確かと思われる。
 休みっていいな。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-19

七枚進んだよ。

前奏71


 やったよ、七枚制作が進んだよ。
 誰も褒めてくれそうにないので自分で自分を褒めます。
 よくやった。
 でも前奏も終わっていない。
 ほんと、今回は時間かかりそう。
 さて。
 話は変わるが、駅のエスカレーターでストレートヘアーの眼鏡の女子高生を見た。
 クオリティの高さに筋金入りの二次コンであるわしも流石に心がよろめきかけたのじゃよ。
 わし二次元では眼鏡属性は無いんじゃけど、三次元だと結構ツボなのである。
 あと、こんなこと言うと本当の眼鏡好きの人には怒られそうだが、色付きで細い造りのおしゃれ眼鏡の娘が好き。
 半袖の制服におしゃれ眼鏡って凄まじく良いと思うのだがどうか。
 やはり「ラフタイムスクール」と「キュンキュンメガネ」で攻めるバンナムの商品戦術は正しいのだろう。
 つーか流行れ。「ラフタイムメガネ」で流行れ。そんでみなすきぽぷり辺りがエロ同人誌出してくれ。
 あー、アイドルが着用した「キュンキュンメガネ」のツルをPERO-PEROしたいぞ。
 ん?なんかいつの間にか二次元でも属性化しつつある?
 いやでもやっぱ二次元だと無い方が・・・しかし・・・最近りりっちゃんもなかなか・・・。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-18

ええい、眠いわ!

前奏64


 今週は疲れた。
 だからなのか、今、とても眠たい。
 遅い「MAD」の制作を進めようかと思ったが、寝る。こんなに眠たいのも久しぶりだ。今なら布団に入ってものの数秒ですとーんとドリームに入れそう。待っててまこまこりん。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-17

リミッター解除の方向で。

前奏63


 そろそろわしの中のアレでソレな何かが臨界点を突破して江戸から東京に引き継がれし関東大結界を突き破ってサードインパクトを引き起こしかねないのでいやらしい話をする。
 真のジャージが欲しい。
 お揃いを着たいのではない。真が着ているあのジャージが欲しいのである。言うまでも無かったことか。
 諸兄もジャージを着用されたことがお有りだろうから御理解頂けると思うが、ジャージなるものは思ったよりも通気性に乏しくむれるものである。
 ましてや真は、どうやら下着の上にジャージを着ているようである。
 それが欲しい。
 まこまこりんのアロマがたっぷりたきしめられたジャージを頭からすっぽり被って昼寝がしたい。
 全力で吸い込んで勢い余ってむせるわし。しかし誰もとめてくれない。げほげほしても一人。
 と思ったら雪歩が「そ、それは私も狙っていたのに!」と同じように首を突っ込んでくる。
 もちろん美希も「真くんのジャージなの!」と。
 まこまこりんのジャージの中で雪歩と美希の頭部に挟まれるわし。
 ハラショーにもほどがある。なんか良い夢見られそうなのでこのまま今日はあがります。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-16

夏はカレーか。

前奏59


 昼飯にインドカレーを食す。
 大槻ケンヂと同じことを言うようじゃが、カレーの話となると「ソバ屋のカレーが一番美味い!」と言ってインドカレーを好む者を庶民感覚の無い者であるかのように避難する輩がおる。
 ソバ屋のカレーも美味いことは美味いが、あの手合いのカレーとインドカレーって、もはや別の料理だと思うのじゃよ。とんかつとコートレットは起源こそ極めて近いがカツ丼を外人にコートレットだと言って突き出せるのか、と。ちょっと論旨が異なるか。
 そんなわけでインドカレーが好きなのである。
 今日はナンの店で食べた。指でアツアツモチモチのナンをちぎりながら食べるのはなかなか楽しい。本場だと右手だけで食すわけだが、出来るわけも無く、左手も使う。
 そんなに行動範囲の広い人間ではないので知っている店は少ないが、ナンで食べるならやはりT駅のMだろう。食べ放題なのが良い。味も良い。わしはあそこのエビとダールが好きだ。
 もう少し記憶に残っているインドカレー屋を書き連ねていこう。
 T駅界隈だとイニシャルにすると全く同じだが別の店でMと言うところがある。ここはライスの店。脊髄に叩き込まれるか辛さ。苦手な人は二度と行かない。ハマると中毒。今でもたまに片道一時間くらいかけて食べに行く。
 K駅のRと言う店も美味い。ただし大盛りにしても量少なめで高い。現地の人に言わせると適正価格でボリューム満点らしい。T駅の感覚に慣れている者としてはいささか納得いかない。
 S駅のまたまたMと言う店もおすすめ。一度しか行ったことが無いが、ニンニクの効いたライスカレーであった。値段はやや高めだが千円は超えず。何より量が良いね、量が。
 地元にもインドカレーの店が何件かあるのだが、正直「これだ!!」と言う店は無いように思える。
 あとは・・・昔旧友に紹介してもらった店があったのだが、忘れてしまった。店のオーナーと思しき人が「昔貿易会社にいてね」と武勇伝を聞かせてくれて、おまけに何か飲み物をサービスしてくれたのを覚えている。
 そう言えば、こないだ結婚した高校の同級生にS駅でカレー屋を紹介して貰ったっけ。ライスの盛りもルーの盛りもセルフサービスで、タンドリーチキンが美味かった。
 インドカレーってラーメンと同じで本当に店によって味が違うので、面白い。
 ところで、765アイドルとインドカレーを食いに行くとなると何故か律子の姿が浮かぶのはわしだけか。律子とカレーって似合う気がする。どうだろう。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-14

一日で一枚とか二枚とか。

前奏57


 本当に完成するんだろうな。
 まだ前奏も終わってないぞ。
 しかももうすぐ七月も半分過ぎるぞ。
 アマチュアの個人制作だから許されるペースだよなあ。
 とりあえず制作は続けます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-14

最近「ノベマス」強いよね。

前奏55


 やっぱり、ただのPV型ではもう、バケモノみたいな新人は出難いのじゃろうか。
 プレイ動画を使った一般的なPV型だと、編集技術の高低差が露骨に出るものなあ。下手するとソフトの有無も大きく影響する。
 手描きの強みは表現の幅の広さにあったが、MMDの現状を見ると、それも長くは続くまい。だってアマチュアの描いたパロ絵よりも公式に近いデザインの方がやっぱりウケそうじゃん。
 あとは「架空戦記」か「ノベマス」じゃよね。
 最近の「架空戦記」は制作者の史実認識アベレージが高くて、これまたちょっと歴史SLGをやって小説数本読んだぐらいでは参入し難そう。もちろん歴史以外の架空戦記と言う手もあるが、まだメインストリームではないわな。
 そう考えると、「ノベマス」が台頭しているのも肯けようと言うものじゃよ。
 もちろん編集技術も重要だが、何よりもセンスで挽回可能だもんね。絵が描けなくてもいいし。
 無論「ノベマス」が簡単なものだ、とバカにする気は全くない。むしろ制作者のセンスが直に出るので、ごまかしの効かないきつい土俵だと思う。
 何よりも「ノベマス」は映像作品と言うよりどっちかっつうとテキストに近いわけで、文章構成やストーリーテリング等、単に愛やネタだけではどうにもならないところが有る。
 ううむ。「ノベマス」が熱いが、やっぱりあの土俵で勝負するのはなかなかしんどそうじゃね。
 これまで通り、のてのてと思うがままにPV型手描き「MAD」でやっていこうと思います。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-13

某駅前のauショップ街頭呼び込みにて。

前奏51


 電車を待っていたら駅前auショップの街頭呼び込みの声が聞こえて来た。
 何でも、ms01と02とか言うのがお買い得らしい。
 ちなみに、わしは未だに携帯電話でメールを打つのに慣れず、基本的に電話は通話出来れば良いと言う人間である。
 大体なんで携帯電話でメールを打たねばならんのじゃ。「こ」と一文字打つのに「か」を四回押すってなんだそれ。パソコンでやりゃええじゃないか。
 閑話休題。
 そのms01とms02とか言うのがお買い得なんだと。
 ms01と02か。そのぐらいのだとまだ工業用重機としての性格が強いよな。たぶん耐核兵装してないだろ。じゃあブリティッシュ作戦への参加は難しくね?あともちろん地球重力下での運用にも不安が残る。そんなもん要るか。
 と言ったようなことを某氏に携帯電話でメールしてみた。
 そしたら、お台場に立つぐらいだしな、とかそんな感じのお返事これあり。
 そうだな。お台場に立つぐらいだもんな。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-12

使用曲のタイトルご披露でございますのじゃよ。

前奏50


 やっと、やっと使用曲のタイトルを表示するところまで来ました。
 すげえ遅さだ・・・しかもまだ前奏全部終わってないし・・・。
 三ヶ月で完成すれば良いが・・・。
 それはともかく、今回はこの曲で参りたいと思います。
 いつも通りまったりゆっくりやっていきますわん。
 

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-11

某県知事選が面白いことになって来ましたな。

前奏49


 テレビで知ったのだが、ある島で投票するとそれぞれに二千円くれたんだと。
 二千円出すのは島の○業組合で、組合は今回当選した現職知事を応援していたんだと。
 島の投票率は、県全体で30%台だったのに対して70%台だったそうな。
 金の力って改めて凄いな。
 尚、組合側はあくまで地域清掃の報酬だ、と言ってるんだと。
 投票率の高い地域は政策発言力が高まるので躍起になるのは解るが、だったら金で片づけよう、と言うのがすごい。いやあくまで清掃作業の報酬なので、これは推論である。
 昔聞いた話では、ある地方の農村は投票率が何選でも90%以上であったことに誇りを持っていて、兎に角どんな事情や状況であろうとも参政権を持つ村民を半強制的に投票させに行ったそうな。
 これに対して今回のケースってすごいよな。金出しちゃうんだもんな。
 角栄だったかが「政治は力だ。力は数だ。数は金だ。即ち政治は金だ」とか言ったそうだが、まさかここまでド直球で金を使われるとは思わなかったろう。だから、清掃作業の報酬だってば。
 筒井康隆の作品で『農協さん月へ行く』と言うものがありましてな。とにかく金と土地だけはしこたま持っていて品性も教養も無い村落共同体が札束で人ひっぱたいて宇宙旅行する、と言う内容でしてな。
 当時は演出過剰なブラックジョークかと思っていたが、下手するとそうとも言い切れんも知れませんな。
 それにしても、二千円という額はどのように決められたのだろうか。
 わしちょっと気になるのじゃよ。
 やっぱりあれか、最初に「今回の清掃作業では島民にこれぐらいばらまくべ」と大まかな予算が組まれて、その予算総額を成人島民の数で割って決めたのだろうか。
 それとも一人ずつに渡す金額から先に決められたのだろうか。そっちのが不謹慎だが面白いな。
 だってさ、そうだとするとこんな会話が有ったと思うじゃよ。
「今回は一人につきいくらぐらい渡すべ?」
「千円でええんでねえか?」
「いやあ、今時千円じゃあなあ」
「じゃあ五千円」
「そこまで大きいと一目もあるでよ」
「じゃあ二千円くらいにしとくかあ」
 こうして二千円と決まった、とする。
 となると、予算は全額千円札に換金しないといけないよな。だってまさか清掃作業の報酬を渡すのに万札渡して「お釣り有りますか?」なんて言えないもんな。
 成人島民は何人いたんだろう。
 千円札で保管するのって、かなり嵩張ると思う。
 二千円札にすれば二分の一だが。
 ほんと、この二千円と言う額がシブいよなあ。
 で。それでも投票率は70%台であった。
 清掃作業の報酬ではあるが、投票した者でないと貰えなかったらしい。
 と言うことは、少なくとも最初に想定していた予算の20%以上が成人島民に払われなかったことになる。
 それいくらになるのかのう。
 ところで日曜日は都議選ですね。参政権は権利であると同時に義務だ!だ等とは申しませんが、やってみると面白いことを一つご紹介。投票受付開始の二時間前くらいに投票所に行ってみることをお勧めします。面白いよ。最初の投票者は箱の中が完全に空であることを有権者の代表として確認する。あと、少し時間が経つと組織票のやたら元気な人たちが集団でやって来たりとか。そう言うの尻目に最初の投票を行うのはなかなか気持ち良いぜ。
 さて、寝ますのじゃよ。ね、まこまこりん。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-10

まこまこりんの寝汗を集めるとする。

前奏48


 集められた寝汗は「まこねづゆ」と言い、本草に依らば滋養強壮に良いとされる。
 「まこねづゆ」の効果的な摂り方は、泉燗にした辛口一合に男子五滴、女子三滴を落とし、ゆっくりと嚥下するものである。
 いいなあ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-09

早朝の電車にて。

前奏47


 早朝の電車にてのことである。
 混んでいる電車ほど人をいらつかせるものも少ないだろう。
 ましてや、きれいなお揃いのべべ着てぬくぬくと育ったと思しき○立小学生男子三名がスペースを食うランドセルしょってピーチクパーチクしていた日には心から○したくなると言うものである。
 しかし、そこはこらえるわしなのじゃよ。
 で。
 このガキ三人が、突然なりきりごっこみたいなのをはじめた。
 諸兄もしたことがおありだろう。何かしらのアニメや漫画を題材に「じゃあオレ、○○とーりっぴ」とか言って、それっぽい言動を楽しむとか、そんな感じ。
 あの遊びって、発言力の高いガキから良いところを持って行くんだよな。言うなれば構成員の努力や貢献とは無関係に特定の権益が既存の武力の多寡によって分配される社会。
 それはともかく。
 このガキども、いつの間にかそれを『イナズマイレブン』で始めよった。
 ほう。これはまた一興。
「じゃあ、オレ吹雪ー!」
 と、ボス格。
 そうか、吹雪が人気か。
「お前壁山ね」
「えー、何でだよー。オレ壁山やだよー」
 バカ、壁山最高じゃねえか!
「じゃあ、豪炎寺でいいや」
「ディフェンダーから選ばなきゃダメ」
 そうか。じゃあ雷門なら風丸とかか?
「んー・・・壁山でいいや」
 そこで壁山かよ!
 壁山で妥協かよ!!
「それじゃ、オレ、あのほら、髪の毛ぐちゃぐちゃでメガネみたいなゴーグルみたいな」
 鬼道だろ!そこは名前出るべきだろ!!
 てか髪の毛ぐちゃぐちゃとは何だよ!ドレッドいいじゃねえか!おれは好きだぜう○こみたいで!!
 ここで電車は目的地に到着。
 最後まで出なかったが、わしは目金が良いとか、そんな風に思ったよ。 
 さあ、みんなで見よう『イナズマイレブン』。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-08

なんで制作が遅いのか解った気がする。

前奏36


 制作が遅い理由になんとなく見当が付いた。
 忙しいのじゃよ。
 ええー、今更そんな理由かよ。
 これまで毎夜一時間くらい制作に充てて来たのだけど、最近はしばしば30分切ってる。
 このぐらいの忙しさなら「幕マス」の時にも有った。
 でも「幕マス」の時は何も支障が無かった。
 それは、「幕マス」のモチベーションは「自分が楽しい>他者からの評価」だったからである。
 完成度気にしないで、ぱぱーっ、と描けた。
 でも「MAD」はどっちかっつうと「他者からの評価>自分が楽しい」なんじゃよね。
 他者から高い評価を受ければ嬉しいので、ひいてはそれも自分の楽しみに繋がるのだけど、やっぱり完全なオナニーではない。
 となると、限られた時間で完成度を求めて描くことになる。
 そりゃ進まねえわな。
 とはいえ、あくまで個人制作なので、最後はテメェ一人でケツ拭くんだと思えばハードルを低く設定しても良いわけである。
 でもなあ。ハードル低くしたら面白くないよなあ。やる方も見る方も。
 そんなわけで、今回の制作はいつにもまして遅くなる気がします。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-07

てやんでえ冗談じゃねえや。

前奏33


 最近「るー○ーず」だの「ご○せん」だのと、いわゆるイケメン不良が熱血教師に中てられて本当は素直になれないだけの良い子だったから改善する話が大流行だそうな。
 へえ。
 戦後間もないころの昭和ってのは、ものはないけど「こころ」とかいう目に見えずなんの味もしないものが豊かな時代だったんだそうな。
 へえ。
 戦国時代は若くてイカス武将たちが忠義と友情と愛情をないまぜにしながら義だの愛だの石高換算出来ないもののために熱く生き抜いたそうな。
 へえ。
 わし疲れてるみたいなのでそろそろ寝ますのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-06

特に今回は遅い気がする。

前奏32


 おいおい見事な牛歩戦術だな。
 下手すると忘れたころに来るPとか呼ばれるぞ。
 いや、それはそれでおいしいか。
 この何とも言えない茫漠とした存在感が心地よい。
 技術もセンスもアレでソレなんだから、ヘマこかんようにちょこまかとゲリラってるのが一番なのかも知れんのじゃよ。
 だとしても、今回はかなり遅いよなあ。
 モチベーションは有るんだけどなあ。
 やっぱり「幕マス」みたいにオナニーマンガやってるのが分をわきまえた姿勢なのかのう。いや、「幕マス」が動画よりも出来が悪いとは言わないが。てか作品の完成度はともかく中身だけ見れば十分わしの「アイマス」パロディの代表作であると言いたい。他人様がどう言おうと「幕マス」は我ながらようやったと思う。何よりちゃんと最後まで描いたのがわしにしては偉いのじゃよ。
 とは言え、この動画の快感と言うのもなかなか捨てられそうにない。
 とりあえず一杯やりたいけど明日は月曜日なので我慢して寝ます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-05

もう合併しちゃえよバンナムとコーエー。

前奏30


 話によるとコーエーも「無双」景気が下火になって来ていてやばいらしいじゃん。
 わしはFC『三國志』からのユーザーなんでコーエーには一方ならぬ愛を覚えているのだが、正直あのPK商法にはカチンと来ていた。
 SLGはプログラミングが大変だろうから、バグが有ってもいい。修正パッチさえ出してくれればいい。
 でもよ、PK出すくらいだったら発売のタイミングを遅らせて同梱してくれよ。
 しかもPKの要素って悔しいけど面白いんだよなあ。
 閑話休題。
 バンダイナムコーエーって無理じゃろうか。
 いや単に「アイマス」と歴史SLGの融合が見たいだけなんだけど。
 前回話題にした「ときメモ」だって「パズル」とかで一儲けしたじゃん。
 だからって「アイマス」までそんな展開しなくても良いと思うのじゃよ。
 DLCで儲けるのもそろそろ収穫逓減チック゛だろうし、どうでしょうね、ここは一つ「架空戦記」の公式化と言うのは。
 個人的には同じ箱○ソフトと言うことで『ブレイドストーム』とのコラボを希望。
 きっと楽しいぞう。
 春香さんが「ヴァーイ!」って言いながら兵隊を率いて走り回る。
 真の大剣がボスを一撃で叩きのめす。
 伊織の重騎兵突撃MSK。
 どうですかねコーエーさん。
 二大ジャンルの三戦を混ぜてまで「無双」続けるのもそろそろ限界だと思う。
 ここはアイドルを出そうよ。
 見たくないか。
 天海春香VS織田信長。
 如月千早VS石田三成。
 菊地真VS呂布。
 萩原雪歩VS千利休。
 高槻やよいVS劉備。
 水瀬伊織VS袁紹。
 双海亜美・真美VS阮小二・五・七。
 星井美希VS吉田松陰。
 秋月律子VSリシュリュー。
 三浦あずさVS西太后。
 四条貴音VSジャンヌ・ダルク。
 我那覇響VS島津義弘。
 何か途中おかしくなってた気がするが気にしない。
 そんなわけで、バンダイナムコーエーによる新感覚アイドル育成歴史ゲームの発明に期待するものである。
 実際出たらあんまり面白いものにはなりそうにないが。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-04

引き続き「ときメモ」の話である。

前奏27


 前回は「ときメモ」の話に入ったところで氏福が伸び過ぎたように思えたため区切りを設けた。
 さて「ときメモ」である。
 わしがファンになったころ、既にブームは下火であった。コミケのカタログだと精々二行ほど。あとは「2」が同程度やや少なめ。そして何よりも「東鳩」が凄いことになっておった。
 そんなわけで、わしは相当遅いファンと言える。
 しかしまあハマッた。ようやった。
 初プレイ時に軽音部が無かったので仕方なく吹奏楽部に入部。
 この手合いのゲームなんてほとんどやったことにかったから、「とりあえずバランス重視でいこう」と考えた。
 そしたら詩織が寄って来やがる!?
 一緒に下校しようぜと誘ったら、うわさされると恥ずかしい云々ぬかしたくせに、今頃頬染めて来るんじゃねえ!
 と、不条理な怒りを覚えたのはわしだけではないと考える。
 なんだかんだで一周目は無事片桐さんと伝説の樹(この単語自体何とノスタルジックな!!)でラブラブエンディング。
 あれなあ。ぼっとすると初めてじゃなかったかなあ。「ああ、エンディングを迎えてしまう。ゲームが終わってしまう!」と、ゲームを進めるのがもったいなく思えたのは。
 そんで二周目。
 今度は朝比奈さんに目を付けるわしである。
 鉄砲塚の声はかわいいな。どうしてもっと売れないのか。
 それはともかく朝比奈さんである。
 片桐さんとカラオケに行くととても楽しいことになる。ならばいかにもカラオケが好きそうな朝比奈さんならば・・・!
 と期待してカラオケのデートに。
 特に何も起こらず。
 どうして?
 理由は・・・キャラソンCDを聞けば・・・解る・・・ッ!!
 そして三周目、紐緒さん。
 あ、とちった、紐緒「さん」だってよ。おたっきい佐々木に「紐緒様と呼べ」とか怒られそう。
 そんなわけで女子高生マッドサイエンティストの出番である。
 修学旅行戦闘ですごい面白かったな。
 あと私服が軍服っぽかったりして「ああ、ぼっとしてミリタリーファンか?オレそっち弱いんだよなあ」とか思ったよ。
 わしが「ときメモ」で特に好きなのは、以上の片桐、朝比奈、紐緒である。
 ゆえに「彩」はベストメンバーであった。
 あれによってようやく軽音部に入ることが叶った。
 と思ったら三角関係の四角関係の泥沼に引きずり込まれると言う軽い鬱ゲーであった、と言うオチ。
 それと作曲パートで、「うむ、このメロディラインだ」と思って選択したら不正解だったりして結構クる。
 とはいえ、片桐さんと思う存分ラブトークが出来たので大変良し。
 ここまで書くと、ことによっては「ときメモ」をご存じない方でも何となく気になってググられるやも知れん。
 そしてビジュアルを見て思うだろう。「うわ」と。
 うん。そうなんだ。正直ビジュアルはもうほぼアウト・オブ・デート。
 わしがハマッた当時でも、既にその兆候は有ったのじゃよ。
 じゃあ何でハマッたかと言うと、キャラの魅力が内面に有ったのと、ゲームとして優秀だったからなんじゃよね。
 いやほんと、「ときメモ」は色々と小ネタが挟まってたりして再プレイ性が高いです。ゲームとして普通に良作。
 もしやったこと無い方いらっしゃいましたら、おススメします。
 さて。今回も随分と良い分量になったな。
 まだまだ「悠久」だとか「サクラ」だとか「メモオフ」だとかネタはござるが、いい加減判らない方にはどうしたってつまらない話だろうから、ここまでとしたい。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-02

あの時代わしらは今より若かった。無論今でも十分若い。若いのである。

前奏20


 前回の日記で「セングラ」のネタをちょっとだけしたのじゃよ。
 そして思った。最近妙にカウンターの回りの良い拙ブログだが、果たしてこの内のどのくらいの方がネタをご理解頂けていたのかと。
 ご理解頂けてなかったからと言ってここで解説するのも野暮なのでしないわしはまことに男らしいと言える。
 昔の作品は全部無条件で良かった、等とは口が裂けても言わないが、それでも昔の作品が良く思えるのは、当時楽しんでいた記憶が有るからなのじゃよ。
 例えば「北へ」とか。
 ラジオもやってたのじゃよ。
 わしはあれそんなに面白くなかったんだけど、当時サークルで、あのゲームの主題歌を使ったパロディアニメをやろうと提案したのである。
 ♪北へー、行こうランララン。
 と言う歌に合わせて北○鮮に向かうというネタ。
 当然の如く黙殺されたとか。
 あとは「Piaキャロ」とか。
 セガサターンが次世代機と呼ばれていた頃の話である。
 あの頃のわしはまだとにかくまずエロシーンが見たくて、キャラへの好みもクソもなく、先ずは序盤で一派つやらせてくれるギャルに言い寄ったものである。
 徒然に思い出すと「野々村病院」なんてものもありましてのう。
 あれはひどかった。何がひどいってサターンで遊んでいてもメモリーにセーブ出来ない。
 サターン本体のセーブ容量は極めて少なく、何よりも内蔵電池が切れると基本的にデータがトぶ。
 なので、サターンユーザーにとって別売りのメモリーは必携と言えたのだが、それにセーブ出来なかった記憶がある。あれはひどかった。
 医者モノっちゅうと「午前三時のオペルーム」だな。これサブタイだっけ?wikiれば判るのだろうけどまあいいよね。きっと今回の日記にお付き合い頂けている方には説明は不要だろう。
 あの手術ゲームが難しくて。
 でも設定はエロかった。
 えーと、際限なく思い出しているとせつなさが止まらなくなるのでそろそろメインディッシュ。
 何と言っても「ときメモ」だな。
 「ときメモ」だよ。
 「ときメモ」?marvelous!あれこそ恋愛SLGよ!
 と言う訳でわしは片桐派であった。
 ジャケット見た瞬間から片桐派であった。
 てっきり知性派かと思って最初のデートで図書館行った。
 今のところを聞いて笑った方。今度どこかで一杯やりませんか。
 まだまだ書き足りないがちょっと紙幅が伸び過ぎた気がするので、今夜はここまで。おやすみなさい。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-07-01

うひゃひゃ、制作進まねえ。

前奏16


 モチベーションは有るのに色々ござって「MAD」の制作が進みませんのじゃよ。
 それはともかくもう7月だとよ。
 おかげさまでリアルの方でも今年の4月くらいから形にしていたものがようやく実りそうです。そう、テンションは高いんだ。
 んで、7月だとよ。
 去年の12月上旬に「ニ○マス」Pとしてデビューしたわけで、そうか、もう半年か。より正確には7ヶ月ぐらいか。
 で、完成したものは三作品か。
 少ねえなあ。
 そいでもって7月だとよ。
 スイカ。
 あとビール。
「もう、プロデューサー・・・僕は?」
 ん?どうしたんだいまこまこりん?
「夏って言ったら、僕の季節じゃないですか。夏、太陽、海、日焼け、健康的エロス。ほら僕の出番」
 えー。
「えー、じゃないですよ」
 だって、わしにとってはまこまこりんは年中無休でまこまこりんだもの。
「プロデューサー・・・ッ!」
 愛の物語でせつなさ炸裂りゅん!と言って最早どれだけの方にご理解頂けるのだろうか。そう言えばアレで一番ハマったのは七瀬だったなあ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター