--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-30

享保エレファントがカシマシ

history200908_01.jpg


history200908_02.jpg


history200908_03.jpg


history200908_04.jpg


history200908_05.jpg


 今月は象です。
 中世以降の日中関係史で最大のキーワードは貴金属流出だと思うのですが、今回はむしろ象の密輸と言う前近代だからこそ出来た吉宗のわがままに着目してみました。
 ちなみに象はその後中野の農民に下げ渡されたそうです。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2009-08-30

『とりかへばや物語』を漫画化してみたい。

05_街の05


 随分前から思い出しては書いたり言ったりしていることなのだが、『とりかへばや物語』を漫画化してみたい。
 あのセンスはまさしく現代でこそ活かされるべきものだって。
 平安文学の漫画化と言えばやはり『あさきゆめみし』であるが、あのような少女漫画風の、作風をきちんと継承するようなスタイルではなく、漫画化してみたい。
 ちなみに、受験生の息抜きとして有名な『あさきゆめみし』だが、長い上に、少女漫画に慣れていないとたまに人物とシーンがこんがらがる危険があるようだ。そんな方にはどっかから出ていた赤塚富士夫の「源氏」がおススメ。書名とか詳しいことはちと忘れたし、調べるのも手間なので勘弁wとにかくあれは一冊限りだし、ちゃんと要点は掴めるので受験レベルなら十分じゃなかろうか。
 閑話休題。
 そんなわけで『とりかへばや物語』の漫画化をしてみたい。
 本当は古賀亮一やあずまきよひこ(「大王」執筆以前のノリで)とかがやってくれたのを読みたいのだけど、まさかファンレターを出せば描いてくれる、というものでもないし。
 自分でやるなら、今だとやっぱ「アイマス」パロか、とも思うが、これはオリジナルでキャラデザインした方が楽しい気がする。
 でも、長いんだよな。以前「膝栗毛」を「アイマス」でやりたいと言いながらしなかったのもそのためである。
 まあ、言うだけならタダと言うことで。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-29

ずにのるわしである。

04_お金は64


 前回の平安京TRPGが思ったよりも面白そうに思えて来たので、その妄想の続きを書く。
 当初『MAGIUS』の追加サプリメントが良かろう、とした。
 理由は、『MAGIUS』のシステムが簡単であり、何よりわし自身が『MAGIUS』ファンだからである。
 しかし、考えるに、やっぱこりゃ『ガープス』向きですな。
 何故かと言うと、官位がモノを言う世界だから。『MAGIUS』にはキャラクターの地位について明確なルール規定が無いのである。
 では何故『ガープス』が良いかと言うと、そもそも『ガープス』とはどんなものかを説明せねばなるまい。
 この『ガープス』は『MAGIUS』と同じく、サプリメントを追加することで世界観を構築するものである。つまり、『ガープス』単体だとTRPG出来ない。『ガープス』にはキャラクターの作成、判定方法、戦闘処理等が載っているだけ。
 この中で最も特徴的なのが、キャラクターの作成手順。
 先ず手始めに、プレイヤーはキャラクターを作成する前に一定のポイントを貰う。こごはとりあえず、仮に100ポイントとでもしておこう。
 この100ポイントを使って、体力や知力と言った基本的な能力の他に、キャラの特徴や技能を取得するのである。ビデオゲームのステータス振り分けみたいなもん。
 例えば、体力に10ポイント、特徴「美形」で10ポイント、技能「剣術」で10ポイント、と言うようにである。ちなみに、ポイントを貰って獲得する特徴もある。「酒癖が悪い」とか「すごに落ち込む」とか、プレイする上で障害となりそうなものを取ると、逆にポイントが加算される。
 んで。
 この特徴の中に、キャラクターの身分が含まれているのじゃよ。しかも地位によってかなり細かく。一般市民、騎士、貴族、王族、国王とかそんな感じで。
 よって、プレイヤーはやろうと思えばいきなり国王でプレイを始められたりする。
 ここよ!この特徴「身分」を使って、九品官人法を再現するのはどうよ!?
 とはいえ、無位無官がプラマイゼロと言う訳にはいくまい。だって平安京で冒険活劇をしようとなると、やっぱりある程度貴族でないと華が足りないだろうw
 そうさのう。では従七位ぐらいがプラマイゼロ、つまりデフォルトの地位でどうよ?
 このぐらいだと、検非違使としてこき使われても自然じゃなかろうか。あの時代は専門じゃないのでよう解らんけど。
 本来『ガープス』では、位の高さは交渉の時ぐらいにしか実用性が無かったが、平安京が舞台ならものすごく便利で強いスキルになると思う。
 で、自分でポイントを操作して得られるのは位のみで、何の官に就くかはランダム決定。実際良家のぼんぼんだと「とりあえずなるべく高いくらいの官にどこでもいいから入れよう」って感じだったと思うし。
 よって、プレイ開始当初ではインテリタイプなのに武官に回されていたり、マッチョタイプなのに文官に回されていたりする。配置換えを行うにはGMが操る藤原氏の氏の長者とコネを持ち、何らかの勲功や賄賂を用いなければならない。
 あと、教養系技能「書」「画」「詩」「歌」「音」がモノを言う場合がある。
 GMが操るNPCからいきなり上の句を叩きつけられたら、その場で「歌」判定勝負。負けると宮中での評判が下がる、とか。逆も有りで、敵対するNPCをそれでこきおろしたり。
 うーん、どうなんだろう。ただめんどくさいだけのような気もする。
 何よりも、ゲームデザインするとなると正しく平安時代について理解していないと厳しいですね。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-28

こんな『MAGIUS』追加サプリメントはどうか。

04_お金は62


 諸兄姉がご存じかどうか知らずに話を進める。『MAGOUS』の追加サプリメントで『陰陽師』とか出してくれんものか。
 て言うか、平安時代をモデルにしてTRPGが無いのは何故だ。
 面白いと思うんだけどな。陰陽師になって活劇を楽しむのもいいし、公家になりきって歌会とガールハントばっかりやるのも良かろう。
 明石に流されて現地妻をこさえたり、ロリ誘拐して育成SLGにシフトするのも良いだろう。
 わしは地頭にでもなり地方で搾取の限りを尽し帰る、と言うプレイをしたいがどうか。
 ちょっと平安時代と比べるとシティアドベンチャーの色合いが強くなるが、元禄期のTRPGとかも面白そう。
 赤穂浪士と関わりを持つ剣士で、本当なら討ち入りに参加するはずだったのに旗本の家に養子縁組が決まって「ああ、オレの青春は終わった」と日々嘆きつつ安穏と暮らす青年とか。暗いな。
 わしはエレキテルとか背中に背負って「見よ!これぞ蘭学脅威のメカニズムじゃあー!」とか叫びたい。
 やっぱり何か原作が付いていないと『MAGIUS』サプリっぽくないな。
 では『帝都物語』ならどうじゃ。
 2.26前でも後でも楽しそう。
 とりあえず満洲に渡り馬賊だな。
 てか、実を言うと中学だったか高校だったかのころに、『帝都物語』をイメージしたオリジナルルールを作ってみたことがある。戦闘技能で相手を倒すよりも説得技能で説き伏せる方が効率的、と言う「え?それ何が楽しいの?」って感じのルールだった記憶がある。
 で、結局今日は何が言いたかったかと申しますと、方々駆けずり回ったのに手に入らなかった『暴れん坊小納言』の4,5巻に思いをはせつつ「ああ、平安時代の貴族になって午前の内に仕事を切り上げてのんびり蹴鞠でもしたいなあ」と思っただけのことである。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-27

誰かやらないかな。8月30日に「ニ○マス」で選挙速報。

04_お金は53


 先ずはすんげえ久しぶり頂戴した拍手へのお返事から。

>ジェイクアタック最高

 ですじゃよね!


 ところでふと思ったのだが、来る8月30日、「ニ○マス」で選挙速報をする猛者なPはおらんものか。
 あの選挙速報って、出口調査の結果を番組の冒頭に掲げるじゃん。でも、実際出口調査の結果と現実って随分違うよね。
 生放送で各局が大枚はたいてお祭り騒ぎする選挙速報。あれはあれで面白いのだが、ぶっちゃけどっか一局だけしてくれればお腹いっぱいでして、もしこれをご覧のテレビ業界の人がいたらどうか、その分の予算を別のもっと生産的な部門に回してくれと言いたい。
 さて。
 矛盾しているようだが、それでもあの選挙速報と言うものは面白い。
 んで。あれを「ニ○マス」でやってくれんかね。
 面白いと思うんだけどな。党首の顔色をうかがうアイドルとか。
 あー、でも当日は雨だそうで、この分だと組織票どもがでかいツラして浮動票が動かず、「政党制民主主義政治は地球人にはまだ早過ぎる」とイヤーな気分になりそうなんで、いいです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-26

モスバーガーを外で食えますか?

04_お金は44


 モスバーガーの看板商品であるモスバーガー。
 あのソースがたっぷりと入ったハンバーガーは、確かに美味い。
 でもぶっちゃけ食い難いよな。
 気付いたらソースが包みの底に溜まってたり、何故かパンズだけ先に食べ終わっちゃったり、ひどい時には包みが破れてソースが零れてしまったり。
 自宅で人目を気にせず思い切りかぶりつくなら、モスバーガー最高。包みに溜まったソースを飲んじゃったりも出来るし。
 しかしおんもだと食うのに気が引けるのじゃけど、如何に。
 じゃあ普通のハンバーガーを食べれば。
 しかし普通のハンバーガーだと、好みにもよるだろうがマックの方が大きく、味はモスがやや優勢なれどセットの価格を考えるとマックでいいや、と感じてしまう。
 なので、ここ随分と行ってなかった。
 久しぶりに入ったら、今月31日までに再来店するとポテトのSをサービスしてくれるというキャンペーンをしていた。
 ふむ。明日の昼飯は決まったな。
 ところでもう八月も終盤なのに「MAD」の方がなかなか進まないのはどういうことでしょうか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-24

思ったよりも恥ずかしい。

04_お金は39


 何気なく北方謙三を電車で読んでいたのだが、仲間内にバレた。
 北方が悪いのではなく、ましてやその作品がつまらないのでもないのだが、なんか恥ずかしい。
 確かに読んでいると、たまに「こりゃハードボイルドと言うより厨二病だぜ」と吹き出しそうになるところもある。
 しかし恐ろしいことに、厨二病って自分、又は自分達だけの閉じた世界でのネタとして完結させると妙に面白かったりするんだよな。
 疑われる方は、TRPG仲間と「なあ、それぞれの厨二病的な趣味に偏ったキャラクターだけでパーティ組んでみないか」とお誘いありかし。そして遊んでみるが吉。思ったより楽しいぜ。
 そんなわけで、北方を読んでいるところがバレると言うのは、何と申しますか自分の内側に悪魔が巣食っていると自称する中学生が職員室に呼び出されて「クラスのみんなが、お前のこと心配してるぞ。時々訳の解らないことを口走っているとか」と注意されるのと似ている気がする。
 ああ、せめてこないだまで、つかこうへいの『腹黒日記』を再読している時に読み物がバレていれば、こんなに恥ずかしい思いはせなんだものを。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-23

おともだちと中華を食べました。

04_お金は36


 中華屋で京醤肉絲(ジンジャンロース)を見つけました。
 北京で食べて以来、もう一度食べたいと思っていたげとなかなか見つけられずにいたメニューです。
 ちょっと感動しました。
 細切りにした豚肉を甘辛く味噌で炒めたものにネギを添え、薄く焼いたクレープ生地(餅)のようなもので包んで食す。
 北京ダックと似ている。
 これが美味くて美味くて。北京だと餅がとうもろこしで出来ていたりするのだが、ここのは小麦粉だったが美味かった。
 あと注文の際に中国語を使ったら「くにはどこだ」と聞かれた。日本だと答えたら変な顔した。質問の意図が「故郷」と言う意味での「くに」を聞いたものであり、つまるところ「どこの省から来た」と言う問いであった。何が言いたいかと言うとわしの中国語もまんざらではないな、という自慢話である。あと、今でも中国では出身地として省を呼ぶ時、それを日本語に訳すと「くに」になるのか、と感じ入った。
 なんか料理の話題に終始してしまいましたが、やはりオフの古い友人との会話なのでブログには書き辛いこつも多かったので仕方ないですなwとても楽しかったです。今回誘ってくれた方も創作活動をしている方で、オンライン上で頂いた感想等への対応について色々と教えて貰い、大変勉強になりました。またどっかで会いましょう!

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-23

もう酔いがまわっちまってどうにもならない。

20090822.jpg


 久しぶりにワインで一杯やったら美味くて、チーズ食ってたらいつの間にか二杯目とか。
 もう良い気持ち過ぎて思考がうまくまとまらない。
 このまま気持ち良く寝る。まこまこりんと。愛に気付いているよ、まこまこりん。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-22

武装した女子高生が好きです。

200908topf.jpg


 わしは長巻が好きです。
 女子高生が長巻を携えていたりしたら興奮します。
 とどのつまり女子高生と武器の相性は抜群と言うことではなかろうか。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2009-08-20

『オレはロイヤルスケベ』37発目

oresuke037_01.jpg


oresuke037_02.jpg


oresuke037_03.jpg


oresuke037_04.jpg


oresuke037_05.jpg


oresuke037_06.jpg


oresuke037_07.jpg


 初見の方にはもう何が何やら訳が分からないと思いますが、もうかれこれ三年以上続けている漫画なのでキャラが増えており、そう言うものなのだとお思いになるかスルーされるかして下さいませ。
 ほんと、これだけは描いても描いてもネタが尽きぬわ。
 まだ続きます。

theme : 自作漫画
genre : アニメ・コミック

2009-08-20

たまにこう言うことをすると物知りになった気がするのじゃよ。

04_お金は27


 いわゆる政治家や財界人が派閥を形成するためと違い、わしの業界では勉強会と言うと季区切り目とかにコンパはするにしても本当に勉強会でして。
 そんなわけで、ちょいと前に前回愚痴った簿記の勉強会に出席して来ました。
 取り急ぎ輪読用テキストとは別に学部の一年生が読むようなヤツに当たってみたのですが、こりゃ奥深いですな。当り前か。会計学と言う一学問体系が出来ているぐらいだものな。
 へえー、単に大福帳みたいに書き連ねるだけじゃダメなのね。
 現代ならともかく、19世紀以前だとどこまで正確に出来ていたのだろう?
 統計史を見ると、イギリスと日本ではかなり昔からセンサスを上手に行っていたと知れるが、企業財務なんかはまた別だよなあ。
 個人的に面白そうだなと思ったのは、アジアで設立した中央銀行の帳簿作成如何かのう。
 正確な簿記がこれだけ専門性を必要とするものならば、明治政府にしても清朝政府にしても、中央銀行を設立した時に会計部門には御雇外国人を招かざるをえなかったろう。
 会計を外部に任せるとなると、やっぱり第三者期間による監査が欲しくなる。
 でも、その監査が出来る人材も自国内にいないわけだ。
 どうすんのかなあ。会計部門で雇った外国人の国籍と敵対関係にある国から招くとか?イギリス人会計士を招いたらドイツ人に監査を頼む、とか。
 だからこそ西洋式の商業・商法の専門学校が必要となったのだろう。ところが、これを帝国大学として設立しなかったところに、我々が思っている以上に明治期日本には商を軽んじる風潮があったのではないか、等とと考えてしまいますのう。
 さて。まこまこりんはどう思う?
「家計簿くらいは、つけられるようになりたいかも・・・ぷ、プロデューサーの奥様として!」
 ま、まこまこりん・・・ッ!!
 ちなみに勉強会は夏の間は続くとのことでして、しばらくは簿記と仲良くしないといけないみたいです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-19

ちょっと今宵は疲れた。

20090818.jpg


 いっかいやすみ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-18

「ガンダム戦記」っつったらジェイクアタックだろう。

04_お金は24


 一時期天下を賑わせた「ガンダム戦記」。
 その「ガンダム戦記」と言ったらジェイクアタックだろう。
 別名「ときめきホワイトベース」とまで呼ばれたギャルてんこもりのゲームだが、わしゃジェイクが好きだ。
 自分の名前に「アタック」を付けて必殺技のように叫ぶあのセンス。たまらん。
 もちろんロリメカニックも良い。隊長さんと読んでもらうためにどれだけ連邦のクソ虫どもを屠ったか解らん。
 でもあれはジェイクのためのゲームだな。
 あそこまで僚機の動きを愛せるガンダムゲームはなかなか無い。少なくとも「ジオニックフロント」よりは愛せた。いや、個人的にゲームとしての出来は「ジオニック」に一日の長が有ると思うが。索敵好きとしても。
 一方、「ジオニック」は完全にシリアスで、確かにマゼラアタックを救うステージなんかは血が滾るのだが、ここからは完全に個人の好き嫌いじゃけどわしはどっちかっつうと「戦記」くらい軽いノリの方が楽しい。だから「ジェイクアタック」は許せる。と言うより愛せる。
 ほんと、「ジェイクアタック!」が聞こえた瞬間思考がそっちに飛ぶもんな。「ジェイクアタック入りましたー!」って感じで。あとはイフリートでひたすら格闘しまくるとか。
 久しぶりにやりたいが、ゲームとしては正直アレなので、多分起動して数分で飽きるだろうなあ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-17

簿記の良い教科書ないかな。

04_お金は21


 簿記に関する勉強会に出席することになったのだが、実は今まで一度も簿記についてまともに取り組んだことのないわしなのじゃよ。
 すげえ昔に貸借対照表の見方を教わったけど、それも既によく覚えておらん。
 やべえな。
 どのくらいやべえかと言うと、デラーズ・フリートについての勉強会に出席するのにギレンが誰だか判ってないくらいやべえと思う。
 日も無いから、何かこう、エッセンスだけ載っていてちゃちゃーっ、と棒読みしただけで発言を求められた時にそれとなく無難に切り返せるぐらいの本は無いものか。有れば苦労はしないか。探すか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-16

サヴァイ分をご存じか。

04_お金は19


 下手に再放送を見てしまったせいか、最近サヴァイ分が低下している気がする。
 サヴァイ分が低下すると、先ずタイツが欲しくなる。次に水に触れると全身が桃色のオーラに包まれて言葉が逆さまに聞こえるようになる。
 どこかで録画分を消化しないと、その内『サヴァイヴ音頭』を歌い出しかねない。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-14

酔っ払いが勢いそのままに妄想を書き連ねる様。

04_お金は17


 うひぃ。ロックがうまいのじゃよ。
「ああ、もう、プロデューサーってば真赤じゃないですか」
 良いウィスキーが手に入ったのでロックにしてみたのじゃよ。
「後で頭が痛くなっても知りませんよ?弱いくせに」
 でも好きなのじゃよ。わしってかわいそう。
「全然」
 まこまこりん、つれないのう。
「そんなことないですよ。はい、おつまみ」
 あひゅうっ、サラミなのじゃよ!サラミなのじゃよーッ!!
「あと、カマンベールチーズも有りますよ」
 それはまた別の機会にコーヒーで。
「えー」
 コーヒーとチーズは良く合うのじゃよ。マジで。
「へー」
 うー・・・ああ、この程良い頭のシビれ、夢と現の狭間を漂うような感覚。たまらんなあ。生きてるって幸せだよなあ。
「昔から、友人と旅先で宴会する度に言われてますよね。お前は弱いけど本当に楽しそうにやるな、って」
 帰りの電車を気にしないといけない宴会とは違って、旅行先や自宅だと、もう心からリラックス出来るからね。
「・・・大学のサークル在籍時代、広島に行って、数人ででっかい声で『銀河鉄道999』のBGMをアカペラして、うるさいと怒られたとか」
 そんなこともあったなあ。
「同じくサークル在籍時代、白馬にスキーに行って、男二人で野球拳したとか」
 そんなこともあったなあ。
「最近だと、塩山で酔っ払って浴衣の裾がはだける様に気付いて、「ふふ、わしってばセクシーに過ぎる」だのとのたまわったとか」
 そんなこともあったなあ。
「楽しそうですねえ」
 うん。まあ、まこまこりんも一杯。
「じょ、女子高生ですよ、僕は!」
 オチも無いけど終わる。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-13

眼精疲労がつらい。

04_お金は13


 今日は凄く「MAD」制作が進められそうな気がしたのだけど眼精疲労により首と頭の付け根が凄まじく痛いのでもう寝ます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-12

そう言えば方眼紙を使ったダンジョンもやってないなあ。え?いやTRPGの話です。

04_お金は11


 一時期、方眼紙を使ってダンジョンを遊んだことが有ってのう。
 パーティが進むごとにどんどんマップが描き足されていく訳です。
 だんだん「メガテン」やってる気分になるよw
 勿論ワープポイントが有ったり、ギャグで「マグネタイトとガメルを交換」とか。いやこれは流石にしなかったが。
 凄まじいダンジョンだったなあ。中心部には罠が仕掛けられていて、入ると・・・いや、言わないでおこう。また何かの折に使うかも知れないし。
 最近はああ言うダンジョン見ないよね。モンスターが少なくてもダンジョンの構造そのものの難易度が高いと、ゲームとしては楽しいけどストーリー性に乏しくてめんどくさかったりする。特にTRPGだとPCは複数いるわけで、みんなで迷路遊びしてもなあ。面白いんだけど、めんどくさい。この感覚ご理解頂けないものか。
 まあ、TRPGの醍醐味はダンジョンとシティアドベンチャーのどっちかと言うと昨今は後者なわけで、ある意味当然のことと考えるのじゃよ。
 とは言え、やっぱダンジョンは良い。
 あくまで個人的な思い出だが、わしにとってはダンジョンに隊列組んで入って、扉をシーフが罠感知して、ファイターが抜刀宣言して開き、ウィザードが魔法の射線を確保しておく、と言う光景がTRPGの原風景のような気がするのじゃよ。
 もっとみんなでやろうぜ、TRPG。場所も時間も食うけどやろうぜ、TRPG。開始当初はルールの世界観設定とかが厨二っぽくて恥ずかしいけど、慣れればどってことないからよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-12

いきなりサーバーに不具合とかFC2の不安定性はいつも通りですな。

04_お金は07


 昨晩、前回頂いたコメントへのお返事を書き、送信したとたんに混雑しているとか言われた。
 以前にも有ったが、FC2はしばしばサーバーが不安定になる。
 今日確認してみたら、ちゃんと送信は出来ていたので一安心。新たに頂戴したコメントへのお返事も無事出来た。
 ところで見ましたよ「時かけ」。
 良かった。期待通りに良かった。
 わしゃ基本的に原作厨な人間なのじゃけど、今回の「時かけ」(以降仮に「新約」とする)は個人的に原作と同等、あるいはそれ以上じゃね。
 元々原作も、筒井康隆だと思って読むと「はあ」としか言いようがないぬるめのSFであった。確か筒井本人も、自分が書いた唯一の童話とか言ってた気がする。
 そうそう。毎度のことじゃけど、わしはネタバレとかそう言うの気にしないで書く。ご寛恕の程を。
 原作の最後って、ヒロインが全ての記憶を消されて、微かに残った思い出が切なかった。
 でも、あれって「新約」でほのめかしていた通り、結局時間に流されるだけの「待つ女」なんじゃよね。
 ここのところが「新約」で上手く書き換えられていた。
 あの、最後の、パス移動する背景と全力で競争するシーン。あそこで思わず「がんばれ、がんばれ!」ってなったのはわしだけじゃない筈。
 最後も、未来に対して「前を向いて走る」と言う非常にポジティブな、原作とは違う希望に満ちたオチであった。あのラストの良さは原作と比較しないと100%の旨味が出ないだろうから、原作を超えたと言うよりも原作を塗り替えたと言うべきか。
 そんなわけで、無茶苦茶良かった。わし絶賛。
 ついでに、学芸員についてちょっと思ったところを書く。
 わしも学芸員資格は持っているのだが、「新約」では学芸員の仕事の一端を垣間見ることが出来る。
 いわゆる「ハコモノ行政」と言う言葉が無批判に使用される昨今。市区町村の教育委員会が管理している公立の博物館・資料館はどんどん予算が削られている。
 その最大の理由が、「利用者が少ないのにカネばっかつかうから」である。
 確かに、博物館・資料館にとって、展示と言う視聴覚メディアを用いた生涯教育を行うことは大切な使命の一つである。ならば、利用者を増やそうと努力するのは当然の義務である。
 でも、展示に用いる資料を保存することも同じくらい大切なわけだ。
 今見る人が少なくても、後世のどこかの誰かの求めに応じるべく、資料を保存する。それって大事なことじゃないのか。今価値が無いものなら捨てていいのか。では聞くが現代の週刊誌が1000年後に美品で発掘されても同様に読み捨てられると思うか。
 学芸員の仕事と言うのは、研究・教育と同じで、そもそもカネにならないのである。それでもそうした仕事が必要なのは、人間と他の生物を区別する最大のポイントが、知識を蓄積・再生産すること、即ち研究・教育することにあるからだろう。
 そんなわけで、諸兄姉がお住まいの市区町村で公立の博物館・資料館を潰そうと言う動きがありましたら、どうか上記のことも思い出してみて下さい。
 どうしても潰さざるをえないなら、せめて、収蔵している資料が妙なオークションで民間に流出し、誰かに死蔵されないよう、資料を保存・管理・公開出来る受け入れ先を新たに見つけてからにして下さい。
 そうでもしないと、全ての博物館・資料館がただ利用者の増加だけを目的とし、結果ただのアミューズメントパークになってしまいます。
 なんか話がズレてきた気がするが、「新約」大変面白うございました。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-10

出りゅー!出りゅのー!

04_お金は03


 いや、最近みさくら語も聞いてないなあと思いまして。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-09

765の人達がうどんを食べるところを見たい。

03_歌でもってな18


 前回の日記じゃけど、またまたテーマを「ヲタク人日記」にしたのに別にそう言う話題ではなかったことに気付いた。
 細かいことだが、どうせだからもう少し細かくカテゴリなんかも設定してみようか。でもそうすると過去の分の整理もしたくなるよなあ。はてさて。
 以降、本題。
 765の人達がうどん食うところが見たい。
 もちろん熱いうどんな。
 春香さんは普通にきつねとか食う。油揚げは最後にとっておく。そしたら美希に食われる。
 千早はそばの方が好きなのだが無理やりうどんを食わせる。白くて細い人が白くて細いいものを食べている。しまった、ならばきしめんにすべきであったか!?
 雪歩はうどんを一本とか二本とかちょこちょこつまみながら念入りにふーふーして食べる。そして真が唇をやけどしながら食う様を色々妄想しながら見つめている。
 真は雪歩に見られていることも知らずにカレーうどんをずびずばすする。周囲に飛び散るカレー汁。春香とかがきゃあきゃあ言ったので気付くけど時すでに遅し。開き直ってやっぱりずびずば食べる。かわいい。
 やよいは素うどんを食す。鴨南蛮を頼んだ伊織が「鴨のお出汁が好きなの」と言って素うどんに肉を入れてあげるのだ。
 伊織は鴨肉をやよいに与えた直後に「あ、ネギもあげよう」と思うんだけどその様をにやにやしながら見ていた小鳥さんに気付いて恥ずかしくなってどんぶりに顔突っ込むようにして食す。
 あずささんは力うどんを食べる。もちもちした人がもちもちする。あとモチがうどんとともにのどに絡む。だってそう言うお歳だから。
 律子は眼鏡のくもりを気にしつつも慣れた手つきでざっぱざっぱと天ぷらうどんを食す。亜美真美が「海老が海老食ってるよ」とのたまわっていることに気付いているが食事中なのでシカト。食後にしめる予定。
 亜美真美はコロッケうどんを食す。しかしいざ食べてみるとコロッケがふやけて崩れてしまったりとなかなか手ごわい。あと熱くて食べられない。でも食べる。しかもふーふーとかしないで。
 美希はおにぎりとセットの山菜うどんを食す。初めて見たぜんまいに興味津津。「これがお人形さんに入ってるんだね」等と無茶苦茶きらきらした目でぬかす。
 小鳥さんはうら若いギャル達が熱いものをはふはふ言いながらしたを向いてずぞずぞすすっている様を見て何かにやにやしている。自分もしているのに。
 社長は「関東のうどんのつゆは黒いにも程があるだろう!?」とか言って、みんなから「あんだか言うな」とテレパシーを送られつつ食べている。ところが亜美真美が「社長さんの方が黒いじゃ→ん」と言う。
 それだけのことなのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-08

一段落ついたみたいなのでちょっと裁○員制度について。

03_歌でもってな15


 一段落つく前に話題にすると色々めんどい気がするので、終ってから書き、しかも伏字まで用いると言うこの姿勢。
 わしの身辺とも完全に無関係なわけでもないことが多少含まれているので、シカトぶっこくのもリアルのわしを知る方にアレかと思い、ちょっとだけ重いところを書いてみることにする。
 以降全て私論につきご寛恕。
 さて。
 最近裁○員制度を用いた最初の実施例が出た訳である。
 元裁判官の某教授によると、被害者が加害者を犯行に及ばせた過失についての検討がやや不足しており、結果として検察側に有利な結果となったそうな。
 裁○員制度を導入した最大の理由は、司法の量刑感覚が市井のそれと乖離し、社会良識と司法の判断が一致していないからだそうな。
 つまり、裁○員は市井の良識を司法の場に持ち込むことが仕事なわけだ。
 その結果が、前述の通りとなる。
 わしの好きな言葉に「餅は餅屋」と言うのが有る。
 一見素人には「?」に見えても、よくよく知ると実はそれなりに理に適っている、と言うのはまま有ることでして。
 司法は犯罪者を弾劾し正義を知らしめるのではない。それは検事とかの仕事。司法は法律に基づき可能な限り中立の立場からその罪の有無と重さを断じるのだ。このように、法律が中立性を伴って機能し、特定の個人にのみ有利に働かないことが近代立憲制の「いろは」の「い」。
 そのためには、法律が市井の社会正義を守るものである必要がある。だから立法権を持つ国会は国民の代表者、つまり市井の社会正義を理解している者の代表によって構成される。
 さてさて。
 話がまわりくどくなっているが、そろそろ本題。
 これは以前別のところで書いた記憶がある議論なのだが、裁○員制度って三権分立を危うくするよね。
 そもそも立法権を持つ機関から行政権を持つ機関の代表者を選出すること自体変ではある。本来なら行政権の代表者は国会から選出されるのではなく司法権のそれと同様に国家によって定められた公正な試験制度によって選出された者達が持つことで、立法権と拮抗し得る。
 これと似た話で、裁○員制度は司法権の独立性が冒される危険を持つと考える。
 アングロサクソン的にに結論から行こう。「天皇大権」が「国民大権」になっていないか?
 かつての「天皇大権」とは、陸海空三軍の統帥権と同時に司法・立法・行政の三権の最高責任者であることも示していた筈だ。天皇は法文上、絶対の独裁者だったわけですな。
 この天皇が国民となってはいないか、と言う話である。
 立法権を持つ国家が国民によって構成されるのは良い。しかし行政権が国会内から選ばれた代表に与えられるのはおかしい。そして司法にまで国民が介入すると言うのか。
 国民主権は大切である。国民に主権があるからこそ独裁や寡頭政治にブレーキをかけることが出来る。
 だが、ここで言う国民主権とは、本来、行政権と司法権を持つ者を一部の貴族や有力者ではなく、nationとしての国民の中から選ばれる、つまり行政・司法権を持つ者が国民であることに意義が有るんじゃなかったのか。無差別に国民全体の意思が反映されることを意味していたのか。
 もっと言うと、立憲制の国家で一番強制力を持つのは憲法であり、その憲法を制定する権利が国民の代表によって構成されているのだから、既に国民主権は成立していると言える。
 逆に、行政権と司法権はこれに拮抗していなければならない。とは言え国民から選ばなくてはいけないので、試験を用いざるをえないわけである。それも格別に難しく、誰もが「それが出来るなら!」と認めるような試験を。
 近代立憲制国民国家とは、本来、こうした三権の分立によって成り立つものと考える。
 19世紀末から20世紀初頭にかけて、数多の国々がなりたくてなりたくて仕方が無かったこの仕組み。我が国がアジアにおける数少ない成功例であることは周知の通り。
 それを自ら危険にしようと言うのなら、世話ねえよな。
 そんなしちめんどくさい話を云々する以前に、もし自分が何か試験に巻き込まれて、審議はともかく訴えられる側にされたとして、だ。
 法律について何も知らない人間に、自分の未来を決められたいか?
 わしも法律に関してはズブのトーシロだけど、正直、イヤなのじゃよ。餅のことは餅屋に頼みたいのじゃよ。自分でも「だから友達少ないんだよ」とぶっとばしてやりたいくらいヤなヤツとは思うが、いざとなったらやっぱりそう考えるだろう。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-06

プリンターに一々紙をセットするのがめんどい。

03_歌でもってな04


 自宅のプリンター複合機なのだが、ここ最近、二日に一回は三十枚前後の印刷をするため、用紙の消費が早い。そして一々セットし直すのがしんどい。
 めんどくさいので一度に二百枚ぐらいセットすると、二枚まとめて取り込んだりする。下手すると紙詰まりとか。
 あれなんとかならんもんじゃろか。家に業務用複合機でも有れば良いんだけど、そんなん置けるスペースも資金も無いのじゃよ。
「でもプロデューサー、狭いからいつもくっついてられますよね。特にほら・・・ねえ?へへっ」
 まこまこりん・・・・・・ッ!!

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-05

肩部に重み。

02_派手に46


 先ずは前々回の訂正について付記。
 本来「人手」とすべきところが「人で」となっていたために訂正。
 本当は前回書く予定だったが今回となった理由については割愛。
 左肩に重み有り。
 僧帽筋の内で明確にここだ!と判る重み。
 入浴により回復。
 かと思ったら続いて肩甲骨外側に同様のピンポイントアタック。
 とりあえずまこまこりんと就寝。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-03

自主制作アニメを一人でやるか多数でやるかと言うのはどっちもどっちと言いますか。

02_派手に37


 一人だと出来ることに限りが有るのじゃよ。
 でも一人だと何も責任を感じないで良いのじゃよ。
 どっちが良いとは言えないけど、今のわしには後者のが精神衛生には良いと感じたりする。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-03

MSの整備ってどのくらい人手がいるのかな。

02_派手に31


 昨日の日記じゃけど、テーマが「ヲタク人日記」なのに全然それらしいネタが無かった。
 それは何か違うのでは、と思ったが書いている人間はアレだしまあこれはこれで、と言うことで。
 さて。
 ふと思ったのだが、MSの整備ってどのくらいの規模のスタッフでやるのかな。
 戦車よりはるかに大きいよな。
 キャタピラほど詰まりはしないだろうけど、関節部分のドロとか掻き出すのってメチャクチャ大変そう。
 きっと何らかのカバーがかかっているのだろうが、その洗浄・交換だけでも一手間だよなあ。
 やっぱりMSって戦車同様「基地で水浴びでもしてろ」ってブツなのかも。
 んで、整備班の規模はどのくらいなのか。
 戦車より大きいのだから1000社りスタッフも多い、と考えるのは早計か。そりゃあ駆動系やコンピュータに関してはそんなに要らんだろうけど、前述の清掃とかはマンパワーがものを言う筈。
 そう考えると、単に人口が少なくなっただけでなく、いわゆる純粋な戦闘要員ではなく整備・警戒・治安維持要員としての兵士がより多く必要になるわけで、一年戦争の特徴の一つである若年層の参戦が多かったことも頷ける。
 引いては人口の少なかったジオンは常にマンパワー不足の危機に晒されていた、とは言えまいか。
 MSの整備スタッフ数から総動員力の負担を論じるのは、やっぱり飛躍かなあ。
 でも実際、戦車三台で一個小隊と考えると、戦車よりずっと大きいMS三機の一個小隊ってかなりの規模になるのでは、と思うのであった。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-02

油って重要ね。

02_派手に27


 最近、野菜を塩コショウとオリーブ油で食すのにはまっているのじゃよ。
 びっくりするぐらい美味いよ。特にトマト。
 ことの起りに遡ると、去年の一月にロンドンに二週間行ったのだが、往路のBAの機内食で出たサラダである。
 トマトとモッツァレラチーズとなんか緑色の小さな葉っぱのこまぎれがオリーブオイルで絡められただけなのに無茶苦茶美味かった。
 そんなわけで、野菜をオリーブ油で食すと美味いのである。
 モッツァレラチーズはちょっと手が出ないのでスライスチーズを使ってみたり。そこそこいける。
 ただしオリーブ油が多過ぎると胃に来る。
 それにしても、改めて油って調味料として一級品だと感じるのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2009-08-01

夏コミどうすべえ。

02_派手に26


 基本的にコミケではジャンル買いが主のわしである。
 よって、当然行くなら「アイマス」一本勝負であろう。
 ・・・・・・でもなあ。
 なんと申しますか、あの膨大な時間と莫大な費用をかけてまで「アイマス」の同人誌が欲しいかと言われると、「欲しいけど全部アタリとも限らないしなあ」と答えざるをえない。
 せめてどんな本が並ぶのか知りたい。ならばカタログを買うべき。でもカタログがまた高い。
 カタログ買うとせっかくだから行こうと言う気になる。でもそれってコミケに行きたいから行くんじゃなくてカタログ代が勿体無いから行くんだよね。
 昔は「本よりもあの空気を吸うことが楽しい」と思っていたが、数年行かなかったら「まあ、いいか」って感じになってしもうた。
 折角だから描く側で参加するか、とも考えるけど、申し込みがめんどくさい。
 もちろんこんな技量と作風なのでゲスト原稿なんか描いたこともねえ。てか多分お願いされてもビビッて描けないと思う。
 そう考えると、見るにしても描くにしても全て自分のペースで出来るインターネット上での表現とは、随分わしにとって都合の良いものであるな、と感じるのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。