FC2ブログ
2010-07-04

現状に限って言えば差し引きプラマイゼロ。

20100704.jpg


 まこまこりーんッ!?
「あっ、プロデューサー!へへっ、どうですか?イメチェンしてみたんですけど」
 う、あ、え・・・・・・。
「も、もしかして・・・・・・ダメでしたか?」
 いやそんなことはない。いつも通りときめくしち○こも火照る。
「良かったあー、髪を伸ばして、女の子らしさをアップしようかなー、って!」
 ・・・・・・。
「・・・・・・」
 ・・・・・・。
「・・・・・・あの・・・・・・?」
 んーむ。やっぱりはっきり言っておくよ、まこまこりん。
「はい」
 新しい髪形はとても良く似合っているしセクシーだ。以前よりも上品になったし、ち○こもますます火照ると言う物だよ。
「はあ」
 しかし一方で、パブリックイメージの一面が失われたことも理解して欲しい。
「と、言いますと?」
 繰り返すが、その髪型は素敵だ。もし今までわしが「アイマス」のことを全く知らなくて、現行の髪型と新しいのを比べたら、絶対今の方が好みだ。てかどストライクだ。
「へへ~っ!」
 しかし、以前の野生児っぽさとか、デフォルメすると動物的になるかわいさとかが減ったようにも感じるんだ。
「?」
 それ、今のそのにゃんこ口。まこまこりんのにゃんこ口は、まこまこりんがどこか動物的だからこその味だと思うのだ。多くのアイドルの中でも極めて動物化(まこにゃん)が広く受け入れられているのも、そうした一面によるものだろう。新しい髪形だと上品になった分、そうした動物性が薄くなった気がするのじゃよ。
「ふむ」
 例えば上掲拙画ね。わしが「アイマス」でギャグパロする時は、しはじはまこまこりんはこうした極度にデフォルメ化された、人間と言うよりまこまこりんという動物であるかのように扱うことが多い。はっきり言って、新しい髪形だと、こうした扱いがしにくい。
「つまり、お上品にとまってやがんじゃねえ、と?」
 そんなことはない。上品になることがダメなんてことはない。むしろ上品になったことで、まこまこりんの中性的な魅力に磨きがかかった。ものっすごいかわいい。
「でも、今までみたいな野性味は無くなっちゃったんですよね?野性味を活かしたネタはし難くなるんですよね?」
 そう。要は新型になったことはゼロサムだと言いたい。
「うーん」
 でも、これはきっと一時的なことだと思う。慣れたらまた別の方法で色々とネタにされて、愛されることに代わりは無いさ。ゼロサムであるのは一時的なことで、長期的に見るならばプラスサムの変化だと思うよ。新型そのもののスペックが高いんだから。
「つまり、新型で良いんですね?」
 もちろんさ!ゼロサムの現状でも、もともと凄く愛されているんだから問題無しと言うものじゃよ!!
「ですよねー!」
「まっ、真ちゃん、少年から更に美少年にお近づきあそばして・・・私は、私はもうっ、もうっ!!あああ妊娠したりさせられたりしよう!今すぐ!ナァアアアアアアアウッ!」
「真君のニューヘアスタイルに美希の股間が更なる覚醒を遂げたの!敏感な部分同士で遺伝子の交通コージードンピシャあふぅうううううううッ!!」
「ぷっ、プロデューサーあっ!?」
 それもまた、愛。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2010-07-04

袁世凱が外国公使館を包囲出来るだろうか。

01_僕らの88


 今週も面白かった『蒼穹の昴』についてである。
 とにかくもう西太后バッシングばかりで、しかも清朝は倒れる方が良かったと臆面も無く主張していて、やっぱりあっちの国では「革命史観」の相対化が出来ていないんだなあ、と思った。それは我が国もまた然りなのだが。
 それはともかく、今週は袁世凱が外国人公使館を包囲する可能性について、史実厨的なツッコミを入れたいと思う。
 結論から言うと、無いと考えるのが自然である。
 国際法に抵触するか否かではなく、①西太后政権は義和団事件の際に排外化するが基本的には外債にポジティブであり光緒帝ほど列強を敵視していなかったこと、②袁世凱自身がそれをとても嫌がるであろうこと、③公使館を包囲するぐらいなら袁世凱に頼むより羽林軍を使う方が手続きが少なく簡易であること、の三点からそのように考える。
 また、北洋軍閥の後継者となった袁世凱は対外交渉も受け持つことになったが、そんな人物に日本の公使館を包囲させる等ありえないのじゃよ。いくら逆賊が逃げ込んでいる可能性が有るとは言え、こんなことしたら「外交の前面に立たせているのはゴリゴリの排外派です」って言ってるようなものである。
 このように、当時の清朝にとって袁世凱の用法は極めて重要だったのである。
「ぷ、プロデューサー、いよいよ、いよいよ来週・・・・・・」
 最終回ですな!!

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター