FC2ブログ
2010-07-06

「SW2.0」におけるレベル10とはどんなものなのか。

02_例えば08


 過日参加させて頂いた「SW2.0」のセッションで、パーティの平均レベルが10であることが再確認されたのじゃよ。
 レベル10。「1.0」時代の人間からすると驚異的な数字である。でも「2.0」だとまだまだ、と言うかここからが色々と無茶が出来て楽しくなる時期のようで、嬉しい。
 そこでふと気になったのだが、「2.0」の世界の中でレベル10の冒険者とはどのような扱いを受けているのだろうか。
 目安程度にルールブックを調べてみたら、ぼちぼち国家レベルの有名人で、拠点とする都市を超えて名声が広まりつつあり、蛮族(「2.0」を御存じない方はモンスターの世界と認識頂ければと思う)の地に踏み込んで人々の生活圏を広げたりするらしい。とすると、レコンキスタみたいなシナリオも有りですな。
 おお、一度やってみたかったんだ、瞳がグルグルの神官でメイスとか振り回しながら「神の一撃は悪い異教徒の脳漿をぶちまけ、良い異教徒の脳漿をぶちまける!」とか。
 しかし残念ながらわしのキャラクターはプリーストではないと言う。
 そして何より、レベルこそ10だが、とてもルールブックの目安とされているような立場にはなっていないように思う。
 何はともあれ、現状のようにのんべんだらりと遊ぶのが一番かな、と思いました。
 でも次の機会が有ったら今度こそ神官で遊びたいな、と思う梵天丸であった。
 乱世であった。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2010-07-06

「ついったあ」なるものがあるそうな。

02_例えば02


 最近「ついったあ」なるものがあるそうな。
 等と書きだしてみたが、もちろんどんなものであるのかは大体知っている。
 大体、と言うのはやっていないからである。
 自慢じゃないが、わしはつい最近まで携帯電話さえ持っておらず、未だに携帯電話でメールを打つと一件書き終わるまでに駅を二つ三つ通り過ぎるほどのアナクロ人間である。本当に自慢じゃないな。
 大体歴史が好きなんだからしょうがないよな、と思っていたら最近の歴史好きは情報収集に各種情報端末を駆使するのが基本だそうな。それでも最後に行き着くところは埃を被った実物を「うへぇ、きたねぇ!!」とにたにたしながら一枚ずつめくることだと思う。古代史だとめくるのではなく掘る、かも知れないが、ニュアンスを感じて頂ければ幸いである。閑話休題。
 んで、ツイッターってやってないのね。
 以前、とある「ニ○マス」Pの方からお誘い頂いたのだが、数年前に「すかいぷ」だったかを導入せんとしたら訳が解らなくなり軽いトラブルに見舞われたことがあって、コミュニケーションツールを増やすことを敬遠している。
 これがまた最近気になって来た。
 何でかと言うと、日曜日にお会いしたとある絵師の方から、「お前の作品がツイッターでいじられてるよ」とお教え頂いたからである。
 その時は体面を気にして「話題にして貰えるだけで嬉しいよ」みたいなことを言ってしまったのだが、内心、「おいおいとんでもないこと言われてるんじゃねえだろうな、一般公開してるんだから批判されるのは覚悟の上だが、覚悟していてもへこむものはへこむぜ」と相当慌てていたのじゃよ。
 おっかなくなってググッてみたところ、確かにいくつかいじって貰っているログがあった。
 ただし、当初は一作につき三ヶ月近くかかる作品に関してかと思っていたが、むしろ余暇を見つけては殴り描きしているとある閉じたコミュニティに投稿していた漫画についてのものがほとんどであった。
 こう言うのって勿論覚悟しているので甘んじてお受けするし決して批判するつもりはないが、やっぱり緊張しますなw
 ううむ。
 リアルタイムでチェックして、そして精神の安定をより確かなものにしたいのう。
 しかし困った。ツイッターのログを見る限り、みんな発言のクオリティが高いんだよね。
 このレベルに合わせて会話しろ、と言うのはきつい。基本歴史とオタネタぐらいしかネタに出来ない身には、辛い。
 そこでやっている方にお聞きしたい。
 ツイッターには第三者としてひたすらログを見るだけ、という参加の仕方は許されているのでしょうか?
 もしそれが可能であれば、全くわしだとは判らない名義で登録して、あとは黙って諸兄姉のお話を拝聴すると言うスタイルに徹したいのだが・・・・・・。
 ・・・・・・。
 それってツイッターの意味があるのか?例えばSNSに入ってひたすら他人の書きこみを見るだけ、って意味が・・・・・・本来の意義からはずれるが、情報を収集することが目的であれば有意だよなあ。
 広く諸賢よりの御意見を請う次第である。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター