--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-27

長い城は城か

history201102_01v2.jpg


history201102_02.jpg


history201102_03.jpg


history201102_04.jpg


history201102_05.jpg


 今回は中国史で紫禁城と並んで有名な建築物であろう万里の長城についてです。
 でかくて古い。
 それだけでわしなんかはもう・・・・・・あ、あずささんのことじゃないで・・・・・・ちょそれなんすかあずささんやめてうわ(中略)ふじこ。


 2011年3月1日訂正:一枚目のタイトル部分に気になるものがありましたので、訂正致しました。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2011-02-26

スタンダードなのが少ない御時世。

201102topfv2.jpg


 スタンダードなデザインのギャルが少ない気がしませんか、最近のアニメやらゲームやらで。
 別にそれが良いとか悪いとかでなく。
 パッと見てそのキャラが判別出来るのが良い、なんて話も聞くと、当然のことかも知れませんな。
 んで、特に特徴的なデザインも使わずに描くとどうなるかと言うと、勿論地味になりますのう。
 そして思ったのですが、実は地味なデザインの方が奇抜なそれを描くより難しい気がします。スタンダードなデザインとはなんぞやと考えると、自分のスタンダードを信じて良いのか解らなくなるとか、そんな感じですじゃよ。そう言えばギャルゲーの主人公も、昔はスタンダードなデザインが多かった気がするなあ。いや、でも「ときメモ」みたいに長い前髪のヤツなんてスタンダードとは・・・・・・あっ、でもあれって育成パートだと目が出ているんだよね。ううむ、スタンダードなキャラとは奥深いものですな。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2011-02-25

おニューのペンタブレット。

20110225.jpg


 やっとこさ新しいペンタブレットを使うことが出来ました。
 なんかもう、ほんと、身辺がシュツルム・ウント・ドランク。
 しばらくぶりに「アイマス」界隈を調べたらほぼウラシマです。
 それはともかく、ペンタブレットが新しくなったのである。
 このペンタブレット、凄く良い、ということもなく、あんまし変わりませんな。そんなに高いヤツでもないし。何より腕は変わらんし。
 色々と便利なソフトが同梱されていたのだけど、おいおい調べて行きたいと思います。
 にしても、好きなように描こうとするとこんなことになるとは思わなんだのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-19

甲冑の細かい板金を描くのが好きです。

20110218.jpg


 時代が下るにつれて、安土桃山の仏胴のようにのぺっ、としたのが増えてゆきますが、腹部はやっぱりがちゃがちゃ動くのが良いですのう!
 腹部に限らず、歩くだけで騒音になるようなゴテゴテの甲冑が良いですのう!
 もちろん下には鎖で。
 はあ、たまらん。
 この手合の、ぐちゃらってる甲冑の板金を描くのが好きです。
 あと、装備の上ラジオ体操とかして、「おお、全部ちゃんと可動してるーう!!」ってはしゃぎたいです。
 当世具足であれば、采を振り回してみたいです。てかWiiのゲームでそう言うの出してくれんものか。基本は布陣を考えるSLGで、采を振ると事前に用意しておいた作戦が発動する、とか。
 それからパイクを実際に構えてみたいです。「ブレイドストーム」ではパイク兵が輝いてましたな。これもWiiで・・・・・・いや、今ならむしろ箱○・・・・・・と言うことはついに「アイマス」とコラボした歴史ゲームが、と妄想が膨らんだところで、寝ます。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-18

思い出したぜ、この感覚。

20110217v2.jpg


 そうだそうだ、シャーペンで描くのってこんな感じだった。
 妙にスキャン後の画像が暗い気が・・・・・・こんなもんだっけ?あんまり使っていないから電球が弱まっているとは思えないのだけど・・・・・・。
 何はともあれ、久しぶりにシャーペンで描くのもわりと楽しいものですな。
 タッチが変わってしまって自分の絵ではないような気がするのじゃよ。
 そう言えば、アニメの自主制作サークルに在籍していた頃に言われたなあ。お前の絵は仕上がり前後で全然違って見える、みたいなこと。
 あの時は確かブルマ少女がターンするカットでラフの方が良いとかげふんげふんごほごほげべべべべべ。
 そんなこんなで、今少しこの環境をエンジョイすることにします。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-17

ペンタブがwww

20110216.jpg


 ペンタブが反応しなくなったwww
 やっとこさ、ここ暫く続いていたド修羅場を越えたと思ったらいきなりのトラブルなのじゃよ。
 シャーペンで絵を描くのが久しぶり過ぎて色々と戸惑ったりなんかしなかったんだからね!!

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-09

どうしろと言うのか。

20110209.jpg


 冗談でもなんでもなく、どえらい日々になってます。
 ずったんぼんろぼんろです。
 触れれば壊れるだろうから触れないでください。また下手なところに触れられると被害妄想が働いて色々ぶちまけるだろうから触れないでください。
 ウソです。そんなに繊細に出来ていません。そんなに外向的ではありません。
 むしろ触れて下さい。さわさわして下さい。平田宏美ボイスで「プロデューサーっでは、ここだけめっちゃハッスルしてますね。へへっ」とかそんな感じで。
 なんてこと書くといよいよ切羽詰まった寂しくてしんどい人みたいですね。
 とりあえずなんとかやってます。
 とは言え本当にどえらいことになってまして、しかもここのうまいオチも見つからないし、どうしろと。ウソです。やるべきことは解っているので、やります。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-06

さて、おいしい話だったのだろうか?

20110206.jpg


 先ずは前回頂戴した拍手へのお返事から。
 ちなみに、拙ブログでは頂戴した拍手につきましては、基本的に後日のテキストにてお返事申し上げております。
 もしお返事が不要の場合、その旨をご記入頂ければ、と存じます。

>中国における不動産価値のメカニズムとバブルの原因と危険性についてすごくわかりやすくっておもしろい内容でした。(某SNS:管理者改訂)のほうもいつも楽しく拝見しております

 拙ブログと「ニ○マス」界隈は別の名義によるものとしておりますので、某SNSの部分のみ改訂させて頂きました。御寛恕下さいませ。
 お褒め頂きまことにありがとうございます。
 歴史学は現代分析に不要だと言う話を良く聞きますが、それって某国に関しては無茶な議論だと思うのですよ。
 某国が近代化出来ていない以上、それを近代化した我々の尺度で理解せんとするのはゲームボーイソフトをPSPで遊ぼうとしているのと同じことで、それで起動しないことを怒っても仕方ないだろう、と。
 そんなわけで、歴史好きの人間としては、こうしたお言葉を頂けるのはとても嬉しいことなのです。
 もし貴殿が、身近に好きな異性いらっしゃって、その方が歴史好きならば、同様に接して差し上げることで絶対にゲット出来ますよw


 さて。
 本日も『江』でしたな。
 最近「己の道を行け、江」と聞くと「己の道を行け、GO」に聞こえてクスクスやってるわしです。
 それはともかく、本題。
 光秀の所領没収ですが、具体的にどれくらいひどかったのか、またはひどくなかったのかについて書いてみたいと思うのじゃよ。戦国好きの方には浅い話だと思うので、飽きたらほっぽっといて下され。
 当時の光秀の所領は近江と丹波。この内中国侵攻となれば拠点となるのは当然丹波である。
 その近江と丹波の代わりに切取自由とされたのが石見と出雲。劇中では毛利領だと言われていた。
 まさに帰る場所無し。毛利から勝ち取るしかない。ひどい話である。
 ただし、切取自由と言うのは当時としては地方司令官に与える待遇の中でもかなりハイレベルなものと言える。そうした裁量権の面から見ると、地方司令官格だけ考えるに、この時の光秀は秀吉への援軍ではなく、むしろ秀吉が山陽道方面軍であるのに対して山陰道司令官に任命された、と考えるのが自然だろう。
 んが、ここで謎が一つ。
 秀吉は丹波から山陰道に出る地域に攻め込んでいるのだ。例えば今の鳥取の辺りである。
 つまり、切取自由と言われても秀吉の勢力下を通過せねばならず、更には先に秀吉が出雲・石見をとってしまう危険も考えられる。
 安土がある近江、京と堺に近い丹波を召し上げられた上に、秀吉に注意しながら山陰道を進め、と言われる光秀の心中やいかに、である。
 と、ここまで考えると信長の命令は極悪非道である。
 しかし忘れてはならんのは石見の存在である。銀山である。
 たかが銀山とあなどるなかれ。石見とポトシの銀山が、銀を根幹とする中国経済を支えていたのである。ここで言う中国とは日本の中国ではなくお隣の中華帝国のことね。
 まさか信長が石見銀山のことを知らなかった訳はなく、その銀山を切取自由と言うのだから、太っ腹である。
 ちなみに秀吉は金銀山をことのほか重視しており、その後全国のそれらを自分の直轄とした。
 そんなわけで、石見銀山の価値を見ると、単純に丹波及び近江との交換と考えるならばお釣りがくるようなエビタイと言えよう。
 ただし、それらは未だ毛利領であり、しかも秀吉に先を越されるかも知れなかったわけで、やっぱりひどい命令だったのかも知れない。
 尚、蛇足かも知れないが、この時信長は法文上は石見の領有権を有していたと思われる。何故なら、毛利に追いやられた石見の旧領主である尼子氏を保護していたからだ。わしも専門じゃないので断言は出来ないが、おそらく石見の領有権を尼子氏から貰っていたと思われる。
「プロデューサー、やっぱりなんだかんだで戦国モノは楽しいですね!!」
 そうだね、まこまこりん。色々噴飯レベルな演出も有るが、結構楽しいよね!!・・・・・・まあ、『坂の上の雲』までの狂言とでも思えば・・・・・・。
 

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-02-05

田んぼのアイデンティティ

history201101_01.jpg


history201101_02.jpg


history201101_03.jpg


history201101_04v2.jpg


history201101_05v2.jpg


 御無沙汰の「月末ブービー日歴史のコーナー」です。先月分なのに月末ブービー日ではありませんが、ずっと考えてはいたと言うことでオーケー?オーケー!
 さて、ここんところ薄いコゲ茶色でお絵描きしており、折角歴史の話をするのだし、と思い戻してみたのですが、やっぱこっちのが落ち着きますなw
 土地からものが生産される以上、やっぱり不動産の歴史って大事だと思いました。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。