2011-07-31

『オレはロイヤルスケベ』60発目

oresuke060_01.jpg


oresuke060_02.jpg


oresuke060_03.jpg


oresuke060_04.jpg


oresuke060_05.jpg


 頭の中でなんとなく解っていても、可視化するとよりはっきりと解るのと同じで、パソコンのデータも目に見える形で整理すると良いです。
 パソコンにはそんなに詳しくないのですが、少なくとも電子情報で「あー、あれどこだっけ」となる時間は減りました。
 強くお薦めしたく思います。
スポンサーサイト

theme : 自作漫画
genre : アニメ・コミック

2011-07-30

漢詩のおべんきょホワイトホール

history201107_01.jpg


history201107_02.jpg


history201107_03.jpg


history201107_04.jpg


history201107_05.jpg


 漢詩が明和期においては世襲の恩恵を受けられない知識人の拠り所になっていた、と言う話です。
 んで、それが世間認められるだけのクオリティなのであれば、もっと優しくしてあげればいいじゃない!と。
 税金で優しくすると反体制的な在野の学問が廃れるような気がしますが、そうした学問でさえクオリティが高ければ税金を与えるくらいの社会が、個人的には真にリベラルかな、と考えます。

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2011-07-29

やよい超深化

20110728.jpg


 進化と言うより深化。
 やよいは何かとても大事なことを芯の部分から理解した様子。
 吉と出るか凶と出るか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-26

描いてストレス発散じゃよ。

20110726v2.jpg


 ああ、楽しかった。
「プロデューサー、これは僕ですか?」
 そうだよまこまこりん。
「判り難いですよ」
 てへへー。
「・・・・・・色々とつっこみたいのですが、明日も早いみたいなので、ささ、寝ましょう」
 そうだね、寝ようか。
 それにしても、お絵描きって凄いな。今夜は結構ストレス感じてたけど、描いてるうちに物凄く減った気がするのじゃよ。最近、いつにも増して描くことが好きになりつつある気がします。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-23

一休み当世具足エルフギャルですじゃよ。

201107topf.jpg


 随分と良いものを着ている大身のエルフと見ますのじゃよ。
 床机が出ていませんが、行軍中の休憩なのでしょうかのう。
 兜に大小も小姓に預けてリラックスし、武功を立てて欲しいものですな。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2011-07-23

やよいは本気だ。

20110722.jpg


 気合の抜けた顔で殴る気満々のメイスを持っている姿。
 何が怒りに触れたのかは解りませんが、やよいさんは本気で暴力を振るうつもりですな。
 こえぇ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-20

納会だったよ!!

20110720.jpg


 熱いピザでした。
 そして冷えたビール。
 たまりませんでした。
 まこまこりんもピザくらいは一緒に食べたいよね。
 幸せです。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-18

描きたいものを特に意識せずに始めるお絵描き。

20110718.jpg


 なんなんでしょうな、この、描きたいものを特定せずに、お絵描きがしたいと思って筆を動かしている内になんとなく形になっていく感覚、と申しますか。
 楽しいですな。
 とりあえず雪歩は軽く宙に浮かんでパンツ見せて欲しい。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-17

ブラボーですな、『タイムスクープハンター』。

20110717.jpg


 さて、『タイムスクープハンター』が最終回であった。
 最終回の内容だが、常にミクロな視点を大事にする『タイムスクープハンター』らしい素晴らしい話でしたな。
 ここ数回がドラマ性に力を入れていたのに対して、最後は再び、史実の紹介に重点を置いたものとなっていたように思えますな。
 さて。話の内容としては、中世の村落が合戦時に双方の勢力から略奪されないように財を差しだすことで安全を購入する、と言うようなものでしたな。
 これ、よくあるけれど面白い構図だよね。
 合戦の結果によって行政が変化するかも知れないが、それ以前に戦中の混乱に巻き込まれたくないと言うのは、自然な考えだろう。
 同様の構図は戦争でなくとも見てとれる。例えば当時の海賊との付き合いだ。海賊は憎むべき敵だが、財を支払うことで略奪対象から外してくれる。海賊を倒すような勢力が現れればそちらに乗り換える。事態がどう転んでも、とにかく生命と財産を保護してれるならばなんでも良い。
 結局のところ、当時の民衆にとって大事なのは大義なんかではなく、その後の行政の変化でもなく、とにかく生命と財産を保持出来るかどうか、なのだろう。そしてこれは、場合によっては今日の民衆にも当てはまるのかも知れない。今日の全ての民衆が全ての場合において当てはまるのではないと考える。
 そんなわけで、民放が歴史を扱うとなると大体マクロな政治史で派手派手しくやることが多い中で、地味ながらもミクロでリアルな歴史を描いてくれる『タイムスクープハンター』は本当に傑作だと思うのでした。視聴率を気にせず良質な映像作品を制作してくれる点からも、やっぱりNHKは大切ですな。
 あと、やよいに農民の格好させるとハマり過ぎてる気がするとか。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-12

今日じゃなかったのか。

20110712.jpg


 今日は納会だと思っていた。
 違った。軽くショック。冷たい生ビールが待っているかと思っていたじゃよ。
 とりあえずまこまこりんはどんな時でも可愛い。そしてまたわしに笑顔を見せて欲しい。さて、寝るかのう。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-07-10

発音の書き表し方

20110709.jpg


 さて、遅まきながら『タイムスクープハンター』の感想です。
 今回も普通に良い出来でしたな。
 最後の最後で外人のチャンネエが「さよなら」と日本語で言った瞬間に感動がわしを襲いまくり。
 んで。
 今回は外国語がテーマだったわけだが、個人的に面白かったのは、外国語の発音を母国語で表記する方法ね。
 今の日本もそうだけど、英語の発音を母国語で表記する時はカタカナを用いていたことが紹介されていた。
 これは有名な話ですな。たしか「ごんぼのしっぽ」だっけ。最近だと「ほったいもいじるな」とか。
 これって即席の会話なんかには便利だったりするけど、あくまで会話で使うパターン化された言葉だけなので、限界があるわけだ。今回だと「native speaker」を「なてぃぶすぱーかー」だっけか。このまんま発音して伝わるわきゃないわな。
 余談だが、記憶が確かであれば福沢諭吉も発音には苦労したらしい。たとえば「My name is」の発音の仕方を正確に知らなかったのでローマ字読みして「み なめ いす」って会話で使ったとか。ほんまかいな。
 さて本題。
 上記は英語の発音を日本人がどう表記するかという話だが、逆はどうか。
 日本語のローマ字表記は開国初期辺りから行われていた。 よってそれなりに正しい発音が出来ていたらしい。ただし「竹下」を「Takeshita」と書くため、時の米国大統領が「ていくした」と発音したと聞く。
 では中国語の場合はどうだったかと言うと、更に複雑である。
 中国語を学ばれた方は御承知のことと思うが、あれの発音は主に併音で表し、ローマ字を用いる。しかしそれだけでなくトーマス・ウェードなる人物が考えたウェード式というものもあるのじゃよ。これも中国語を第二外国語で選択された方にはおなじみのものと思う。
 ウェード式は、特に19世紀半ばから20世紀初期、平たく言っちまえばいわゆる近代史ごろによく用いられており、外交文書等の公文書にも登場するのじゃよ。
 じゃあ過去のもので、今は要らないじゃん。
 と言いたいが、これが何の因果か(と言っても実際にはどんな因果かは明らかなのだが)今でも台湾では有力だったりする。
 そうなると困るのが、人名を併記する時である。中国語の名前の場合は併音かウェード式かでイニシャルの文字が変わる可能性がある。
 大陸系中国人の方と台湾系中国人の方のお名前を併記する時、失礼が無いようにするにはどうすればいいのか。肩書まで同等だったら本当にどうすればいいのか。
 そんなわけで、なんだかんだで日本語の場合は現行ローマ字表記でこと足りているため、そこんところは幸せな歴史を辿ったのだなあ、と思うわしだったとか。
 ところで、「アイマス」で西洋系のキャラと被らせようとするとお姫ちんがいて便利と言えば便利なのだが、今後黒人のキャラと被らせたくなったら・・・・・・やっぱり響かなあ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター