2011-10-31

「ダウト」・ザ・対馬

history201110_01.jpg


history201110_02.jpg


history201110_03.jpg


history201110_04.jpg


history201110_05.jpg


 一日遅れてしまいましたが、ネタは準備してあったということでオーケー?オーケー。
 他の分野をおとしめるつもりではなく申しますが、やっぱりわしは、歴史と言ったらこの手合のドロリとした金が絡む話が一番好きですのじゃよ。
 そんなわけで、今回は対馬でした。興味深い土地です。琉球があれだけ注目を浴びていると言うのに。
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

2011-10-29

遅まきながら「卜伝」感想。

20111029.jpg


 なんかゲルググみたいなのが出て来た。
 ゲルググだけに強敵だったのじゃよ。
 勝ち方があまりにあっさりしていたが、逆に不気味でかっこ良かった。
 やべえ、おもしれえ!!
 あとゲルググ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-26

エルフのダイエット

201110topf.jpg


 エルフと言えば痩せ形のイメージが多かろうと思いますが、体力が無いので意図的に痩せようとすると結構辛いかも知れませんな。
 食生活の見直しだけでなんとかなれば良いのですが。
 エルフの汗がしみこんだシャツをちゅっぱちゅっぱしたいのですじゃよ。

theme : 自作イラスト
genre : アニメ・コミック

2011-10-22

つなぎました。

20111022.jpg


 こないだ始めたアレを「ニ○ニコ」界隈に繋ぎましたのじゃよ。
 上掲サンプルの如き手軽に描いたマンガみたいなのを描いてはさらすようなところにしたいと考えております。
 もし見かけたら遊んでやって下さると嬉しいのですじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-20

さりげなく殺伐としているのが好きだ。

20111020.jpg


 別にNHkの回しモンではないが「卜伝」はもっと人気が出て然るべきではなかろうか。
 何が良いって、あの時代のディストピアな感じが凄く楽しい。
 卜伝自身も作中では平気の平左でズバズバ斬りまくっており、良い。
 ただし、どうやら作品のテーマの一つに「恨みを買うことなく、傷つけることなく倒す」ことが入ってきそうで、ちょいとジレンマなのじゃよ。
 この辺を上手く消化してくれたら大傑作になる予感。
 いやほんと、視聴可能な方は是非一度視聴されることをお薦めしますぞ。
 おかげでわしは土曜に「ジュエペ」、日曜に「AGE」に「卜伝」と楽しい週末を過ごしておりますのじゃよ。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-17

アレを始めました。

20111017.jpg


 何か申しますとtwitterでございます。
 未だに携帯電話もまともに使いこなせていないのに、よくやるのじゃよ。
 諸先達より色々と教えて頂き、どきどきしながら始めてみました。
 某お絵かきコミュニティと連携させたいので、「ニ○マス」P名義で遊ぶつもりです。しかるに、度々のことですが、このブログの管理人とは別人格と言うことで宜しくお願い致します。
 ただし、操作に慣れるまではあまりおおっぴらにせずに遊ぼうかと思います。もちろん、拙ブログをご覧になられている方に仲良くして頂けましたら幸甚ですじゃよ。
 取り急ぎ検索でパッ、と出て来る方々をフォローさせて頂きましたが、お気に障られましたら御容赦下さいませ。
 さて、どこまでHENTAIなことを言ってよいものやらw

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-09

良い~、これ良い~、久しぶりに時代劇としてツボい~!

20111009.jpg


 面白いよ『塚原卜伝』。
 みんなで見ようよ『塚原卜伝』。
 いかにも時代劇、と言う感じでまとまっていて、とても良い。誤解を恐れず喩えるならば、最初からジャンクであることを自認した上で売り出されている上手いハンバーガー、みたいな。新鮮な野菜とか使って「ファーストだけどスロー」と言うのでなく、ギトギトの油と大量の人工調味料で味付けしておいて「体には悪いけど知ってて食うんだから美味けりゃいいだろ」と言う感じ。
 どこか「無双」に通じる楽しさがあるかも知れない。
 個人的には、室町後期における幕府系の人物に対するベタベタなイメージが凄い好き。腹黒くて人の命をなんとも思ってなくて、有為な人材とみればべた褒めするが内心小馬鹿にしているような、そんなイメージ。たまらん。例えば、わしは義輝大好きなんだけど、「貴族化してダメになってる室町将軍」ってわりとツボなのじゃよ。そう言えば玉置浩二の義昭は凄く良かったと思う。
 んで、上掲拙画だが、今回の放送の中で楽しかったシーンの一つをモデルとしている。
 結構マンガチックな表現が多いのも見どころかも。わしはどうしても「アイマス」でパロしたくなるが、女性の方なんかはあのまんま二次創作出来るくらいマンガチックじゃなかろうか。
 何はともあれ、是非、一度ご覧あれ。
 

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-03

ハマるかも。

20111003.jpg


 NHKハイビジョンだったかで塚原卜伝が始まりましてな。
 今まで剣豪モノと言うと、どうしても戦国期が舞台でないと視聴率が稼げないためか武蔵が多かったのだが、今回は卜伝ですじゃよ。
 まだ一回して見ていないが、個人的に、これ、アタリの匂いがぷんぷんする。
 色々と特撮じみた演出があるけど、美味しい駄菓子みたいな感じで凄く香ばしい。時代劇で「ぶっとびジャンプ」なみの空中戦が見られるとは思わなかった。すげえ楽しかった。
 前作の『テンペスト』とは違い、こう言う過度にフィクション的な部分がプラスに働いているように思う。

 卜伝の時代はいわゆる戦国期の入り口かどうか、と言うような時代であろう。本格的に戦国期に入ると有力大名が自分の統治範囲内での集権化を目指したことで一定の治安を得られるのだが、このころは文字通り略奪狼藉ジャンジャンバリバリ、地方の地侍が小競り合いを繰り広げているような状況であったと考える。
 このころって「信長の野望」や「BASARA」で扱われている時代と比べると人気がないが、室町時代終盤のディストピア的世界観を楽しむには適していて、もっと流行って欲しい。
 そんな個人的な欲望からも、是非「卜伝」、ご覧になって頂けると嬉しいのじゃよ。

 ちなみに、ハマったものはなんでも「アイマス」にしたがるのはPの性と言うもので、大体こんな感じだと思うのである。
 あのね、人を斬っても「ああ、俺はなんてことを・・・・・・人を・・・・・・」みたいなこと言わないので、その辺割り切った方が好きな方には特におススメですぞ。さらりと「勝たねば死にまするゆえ」みたいなこと言うし。わりとほんとに美希っぽいかも。

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

2011-10-01

『オレはロイヤルスケベ』62発目

oresuke062_01.jpg


oresuke062_02.jpg


oresuke062_03.jpg


oresuke062_04.jpg


oresuke062_05v2.jpg


 そんなわけで『グランナイツヒストリー』ですぞ。
 何が嬉しいって銃があることです。ただし先込め式ではありません。かるかで突くアクションが見たいのに。
 ちなみに、叙任後はオンラインゲーム的になります。オンラインで遊ぶの苦手なわしにはちょっとアレです。そもそも自宅では繋げられそうになくて、その手合のステーションみたいなところを探さないとあかんようで更にアレ。

theme : 自作漫画
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター