FC2ブログ
2014-03-23

第十六話「茶イコフレームの共鳴」

20140323.jpg


 もちろん、純粋に茶の湯の美を追求した茶人や武士はたくさんいますぞう。
 拙作の萩原宗雪もどっちかっと言うとそっちの人間なのですが、諸国を漫遊するためには先立つものがなくてはかなわんため、わりと手広くやってしまっている、という脳内設定です。
 茶入の値段であるところの30貫ですが、拙作では大体300万円くらいの感覚でおります。もちろん地侍が使う茶道具としては超高級品です。宗雪はここから交渉をはじめて、大体240万くらい、長く付き合う価値があるとみたら200万くらいで譲る腹積もりではないでしょうか。それでも高いけど、「茶友」になるんだったらこのぐらいのは買わなきゃだよなあ、とw
スポンサーサイト



theme : アイドルマスター
genre : アニメ・コミック

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター