FC2ブログ
2012-01-29

賛否両論ありそうだが、これで良い、と思う。

20120129.jpg


 今回も相変わらず青臭くて軽くイラッとくる清盛でしたな。
 個人的にはまだ許容範囲です。
 んで。
 今回はそんなに史実厨的な感想はないのですが、一点だけ。
 清盛が歌詞について感想を求められて見事に外したシーンがございました。
 ここまで無教養だったかと言うとそんなことは無いと思うのだけど、従来の「大河」等では平氏はみんな文化人みたいに描かれていた気がするので、これはこれで良いと思うのじゃよ。
 あくまで、平氏は公家化したのではなく公家化を望むもののし切れなかったわけで、またここで言う公家化とは文化を身につけることではなく中央官庁の意思決定に加わることで、これで良いと思う。
 また、細かい点だと、体で覚える舞はなんとかなっても短歌(一応そう呼ぼうと思う)は苦手、というのがリアルな気がする。
 この時代の短歌は、すでに現代のクラシックに通じるものがあり、完全なオリジナルよりも過去の名作を多く知り、そこからマイナーチェンジを加えるなどするのが多かったように記憶している。つまり、この時代の短歌は単にオリジナリティを発揮すれば良いだけでなく、旧作への深い知識を必要とするものになっていたのだと考える。
 となれば、劇中の時点の平氏がそのジャンルに強いとは思い難いのだが、いかがだろうか。
 あと、春香さんの場合は歌詞だけでなくメロディも・・・・・・いや、なんでもないです。
 ほんと、春香さんはこの清盛にぴったりだと思う。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター