FC2ブログ
2015-05-29

『封神演義』のあとで

history201505_01.jpg


history201505_02.jpg


history201505_03.jpg


history201505_04.jpg


history201505_05.jpg


 周の経済政策についてです。本当なら明日更新の本コーナーですが、ちょっと忙しくなりそうなんで、今夜やりました。いいよね。
 これ、紙幅の都合で書きませんでしたが、鉄道も電信もない、下手したらまともに整備された馬車道もない時代に行われたんですよね。
 凄過ぎる。
スポンサーサイト



theme : 歴史
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんにちは。
大変面白いお話をありがとうございます。
この「礼」というシステム。冊封体制のはしりみたいな印象を受けました。でもこの「礼」は宗教的基盤を共有していないと機能しないから、同じ民族同志の話に限定されるのでしょうか。いや、実利があれば他民族でも上手くいくかな。緩やかな同盟というか・・・

コメントありがとうございます。

 こちらこそ、コメント頂きありがとうございます。
 参考にした本には明記されていませんでしたが、冊封や朝貢といったもののハシリがこの時代に出来てるような気がしました。
 この「礼」を理想にして孔子が儒学をなし、それがまた宗教化して儒教になったことを思うと、ますますそんな気がします。
 冊封体制が「中華皇帝を建前だけでも良いからトップと認めることでできる同盟」であると考えると、貴君の「緩やかな同盟」というお言葉がしっくり当てはまる気がします。
 これをぶち壊した辛亥革命って、ほんと衝撃的な事件だったんだなあ・・・・・・。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター