FC2ブログ
2008-09-06

「キャプテン エル・ドラまコ」第十七話

20080906_01.jpg


20080906_02.jpg


20080906_03.jpg


 プリマス強襲回避の謎について私見をまとめると、先ずプリマスまで来た時のメディナ・シドニア公の判断は「物資は十分だし、初期の予定通りカレー到着を急ごう」。ポートランド沖辺りで不測の物資不足に遭い(同沖海戦の影響か)、カレー到着は困難と判断し、ワイト島を攻撃。失敗し弾薬も不足したので、再びカレーへ急行、という形になります。ガレー船は兎角必要人員数が多いので、食糧不足は特に痛かったのではないでしょうか。
 それにしても、海戦における火攻めってオーソドックスながら国と時代を問わず効果的なんだなあ・・・。
 今回特記したいのは、海戦以降目だった動きがなかったフランスをはじめ、英西両国以外の国が果たした役割についてであります。スペインと同じカトリック勢力であったフランスが、カレーでパルマ公を助けなかったのは、一重にマルシャモンの働きによるところが大きいと言えましょう。パルマ公を邪魔していたオランダはプロテスタントながらスペイン領に組み込まれており、独立を目指していました。オランダの私掠船がスペインの軍事行動を妨害する、というのは解り易い話です。また、カレーに近い現在のベルギー辺りはカトリック勢力が強く、独立を目指すオランダとは対立関係にあったので、オランダ私掠船がカレーに駐屯するっちゅうのは敵のど真ん中に入り込むようなものであり、度胸の要る作戦であったと考えます。ちなみにパルマ公はイタリア貴族。当時を代表するローマ・カトリックのパワフルな軍人ですが、海峡移動手段を準備していなかったところを見ると、イングランド本土への攻撃には余り乗り気ではなかったのやも知れません。いずれにせよ、イングランドとフランスの教派を越えた友好は、前者がアルマダの海戦を勝利し得た重要なファククターであったと考えます。
スポンサーサイト



theme : im@s架空戦記
genre : ゲーム

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター