FC2ブログ
2009-11-03

『迷宮キングダム』に強く惹かれる。

03_僕が欲しい24

 溜まっている話題その二。
 TRPGの『迷宮キングダム』について。
 先日、これの世界観等をデザインした速水螺旋人先生が自ら著されたガイドブック的マンガ『オープンダイス・キングダム』を購入した。
 読んだ。
 うむ。『迷宮キングダム』が凄まじく面白く、何よりもわしの好みであることが解った。
 出来るなら「皆様、『オープンダイス・キングダム』をご購入下され!」と言いたいが、一冊2000円なので流石にちょっとむつかしい。言うのは楽でも実際に買って頂けるかどうかがむつかしい。
 そこで、以降『迷宮キングダム』の世界観についてきわめて簡単にご説明したい。


 この世界には迷宮しかない。地上から上が全て迷宮。しかも人間は住んでいない。
 じゃあどこに住んでいるかと言うと、地底。
 マントルに当たる部分に、丁度アリの巣のように無限に張り巡らされたダンジョンの中に住んでいる。
 ダンジョンの中には星と呼ばれる自然の照明がランダムに配置されており、その明りを頼りに生活する。天井や奥行き等は十分で、日常生活に不便は無い。
 ダンジョンを更に下へ進むと、「深界」と言うより複雑で恐ろしい迷宮の世界が待ち受けている。
 つまり、天地はどこまで行っても迷宮で出来ているのである。
 さて。以上がマクロな世界観である。
 続いてPCについて。
 迷宮世界で、人類はそれぞれ大小の集落を作って生活している。この集落を国と呼ぶ。わずか数十人で構成された国もある。
 国の宮廷を構成するのが、PC達。彼らは他の人間とは比べ物にならない力を持つ。
 PCはそれぞれ国王や大臣、騎士、そしてわしイチオシの宦官等になり、国家を運営し、国民の陳情を聞き届け、必要が有れば迷宮を探索する。
 もちろん国家間の戦争も有りうる。迷宮の壁を破壊し、隣国に奇襲をかけることも可能だ。
 このたった数十人の極小国家で政治ごっこをする様が、とてつもなく楽しそうなのだが、どうだろう。
 そう言うのが苦手であれば、モンスターも用意されているのでファンタジーRPGを遊ぶことも無論可能である。
 と、至極簡単に説明すると、そのようなゲームである。
 如何か。
 わし、すごく、やりたい。
 なんと言いますか、繰り返しになるけど国家ごっこしているところがたまらん。
 宮廷と言っても多くても10人ぐらいしかメンバーがいない。だから朝議も凄くアットホーム。
 政策分野別に大臣を置くことなんて先ず無理。下手すると一人の大臣が内政外交の全てを司る。しかもそれが可能なほどに小さな国家。
 楽しそうだ。ほんと楽しそうだ。
 今まで多くのTRPGのシステムが誕生して来たが、その「T」が朝議の卓となるシステムは極めて珍しいのではなかろうか。下手すると初めてじゃなかろうか。
 うおおおお。興奮する。
 ちなみにわしは宦官で遊びたい。そして真面目に政務をこなそうとする国王担当PLに「聖上(ここは「おかみ」と読もう)、何事も程々に。我らと異なり貴き血のお方におかれましては、皇統を万々代と重ね奉られることこそ肝要にござりまする」とか言いたい。
 宦官でなくとも、このシステムならばわしの好きな癖の有る官僚ごっこが思う存分楽しめると言うものである!


 てなわけでして。
 ここをご覧の方で、TRPGがお好きな方。
 もし宜しければいっしょに遊んでください。面子さえ揃うならルールとかシートとかインフラ関連は全部わしがなんとかします。あ、それだとわしが宦官プレイ出来ない!?・・・・・・いや、これを遊べるならその程度!!
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

確かに面白そうですが(小生も高校時代はTRPGで遊んだものです)…
貴兄の「PCは宦官やりたい!」で白湯噴きました。
じゃあ小生は国王の傍に侍る道化で。
意味ありげなひょうげた台詞を宦官の同席してるところで言って、ギロリと睨まれたいですな。
で、国王には怪訝な表情をされると。

その手がございましたか。

 それおいしいですなー。
 国王がジョークの意味を理解出来ていないところなど芸が細かくて流石でございます。
 ああ、夢が膨らむ『迷宮キングダム』よ。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター