FC2ブログ
2010-01-05

そんなに悪くないよな、「天道」。

前奏39


 予算が出来たので、「信長の野望」最新作「天道」を買ったのである。
 本当はもっと早く入手したかったのだが、ネット上での評判が散々で、予算編成が後回しになっていた。
 そしてやっとプレイ出来たというわけである。
 んー。
 まだスタートして間もないが、そんなにダメか?
 確かにチュートリアルが各コマンドごとに独立していて18パートもあるのは正直辟易したが、どれもそれなりに笑いが隠されていてどうしょもないほどじゃなかった。
 ゲーム本編についても、評判通り今回の目玉である街道整備システムが今一つパッとしないけれど、全くつまらないわけではない。
 むしろ、街道を繋いだ都市や農村だけを勢力下に置けるという発想は、日本の住宅・開墾可能な土地が少ないという特徴と、だからこそ支配の方向性が面ではなく点を抑えることにあったことを強く意識させるもので、個人的には好きだ。
 各勢力の強さもなかなかバランスがとれていて、難易度も程良いと思う。
 一応合格点ではなかろうか。そもそもKOEIの歴史SLGファンって、最近求めるクオリティが異常に高くないだろうか。ちょっとこの辺「ニ○マス」と似てますね。ファン層がシュリンクしつつあるのも。
 ただ、KOEIも「ニ○マス」も、なんだかんだでたまにその要望に応えられてしまうから余計困る。嬉しいのだが困る。そうなると、やっぱり「出来るならやってくれ!そしてもっと高みを!」とクオリティのインフレを加速させてしまう。特に「信長」では「天下創世」が素晴らし過ぎた。あれウォーゲームとしては天下一品でしたな。
 足るを知ることも大事だと思うのだが、「ニ○マス」Pの身でそれを言うと自分の未熟さに対する自己弁護みたいに聞こえてしまいイヤンな感じなのじゃよ。
 さて。
 なんだかんだで結構遊べそうな「天道」だが、やはり問題も、ある。
 先ず、基本システムが街道の整備以外はほぼ前作「革新」と同じであること。
 誰かが「天道」は「革新」のPK第二弾だと言ってたが、あながち間違いではない。
 (KOEIユーザー以外の方のために補足。PKとはパワーアップキットの略称。KOEI歴史SLGでは、ソフトそのものが発売されてしばらく経つと、新シナリオ・データ等を追加出来るパワーアップキットが別売りされる。)
 とは言え「革新」がどうしょもない出来だったらそれこそ泣けるが、「革新」自体がそれなりに遊べたので、返金を要求したいほどにひどいものではない。でも今から「信長」シリーズを始めようとする人がいたら「革新」を買うぐらいなら「天道」買えば済むよ、と言いたくなるのは確かだ。
 そんなわけで、「天道」はそこそこ遊べそうである。
 少なくともインフラストラクチャーの整備と聞くと心がわくわくするわしには面白いのですじゃよ。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター