FC2ブログ
2010-03-08

不平等条約がどうして不平等なのか。

05_間奏32


 先週見逃した『龍馬伝』だが、大きな進展が無かったようで一安心である。
 今週はいよいよ日米友好通商条約が締結された。
 当時の列強がアジアと結ぶ各種条約と変わりなく、これまた不平等条約であったことは周知の通りなのじゃよ。
 では、どうして不平等なのか。
 どうして列強は不平等な内容で条約を結びたいのか。
 もちろん経済侵略の意図によるのは確かだ。
 その一方で、商法体系が確立しておらず、ましてや立憲制ではない国と取引するならば、その点を列強に委ねるのはやむを得ない!と言う部分も、ある。
 例えば関税自主権やら治外法権やらである。
 乱暴な喩え話をすると、「銃で人を撃つと被弾者がどうなるかなんて全然知らないけれど、銃を売ってくれ」と言われたら、貴方はその人物に銃を売るだろうか。
 本当に乱暴な喩えだが、不平等条約中の法律に関する事項については、そう言う一面があると思う。
 そもそも公的な交渉を経た契約は順守せねばならない、と言う近代外交の前提が出来ていない国と商売しようと言うのだから、搾取が目的であったとしても、なるべく自分達のルールを適用しようと考えるのは自然だろう。勿論、それによって経済侵略が正当化されるわけは無いのだが。
 明治の旧幕府官僚の強みはここにあったと考える。つまり、列強が行う近代外交とはどのようなものであるのかを体で知っていた点である。
 榎本武揚ら旧幕府官僚を再起用したのは当たり前のことなのだ。
 また、坂本竜馬もこの点で貴重な人材であったと言える。外国商社との取引が可能であったと言うのは、商才や語学だけでなく、近代的な契約の概念も体得していた証左だ。
 やっぱり竜馬は革命家ではなく、実業家だったと思うわしであった。
 それにしても、本当に今年度の土日は近代アジア史まみれで良いですな!
 これで「アイマス」の面白い架空戦記でも出てくればもう完璧なのじゃよ。
 同じこと何度も言ってるようだが、誰かやってくれ。まこまこりんを軸にした青春群像劇なんかだったらもう泣いて踊って笑いますともよ。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター