FC2ブログ
2010-03-19

今日の『新・三銃士』は良かった。

07_ラストサビ21


 ここでのネタにこそしておりませんでしたが、『新・三銃士』は毎夜楽しみにしておりましたのじゃよ。
 んで、今回ですが、特に良かったですな。
 いよいよ次回から反乱軍との戦争に入る。戦争直前のこの回に限り、EDをみんなで歌う。
 歌詞とあいまって、なんかわし泣きそうになった。
 一見群像劇で、それぞれが個別の悩みを抱えており、全部未解決のままクライマックスを迎えて、その後何かが解決した途端に連鎖反応を起こして全部解決大団円、と言うのは三谷お得意のやり方だと思うのだが、『新・三銃士』もそのテでいくようだ。今回のEDはそれを予感させるもので、大変グッときた。
 ところで、本家の『三銃士』は、いわゆる「何も怖れぬ熱き漢たちの勇気と信頼の冒険活劇」で、当時の世相、と言うか購買層を意識して信頼よりも勇気の描写に力を入れているのじゃよ。
 でも、『新・三銃士』はデュマが意図的にかどうかは不明だが、信頼の方に重点を置いており、ストーリーに厚みが出ているように思う。
 今回のEDは、そうした三谷の手法とメッセージの双方がうまく融合したものであり、実に良かった。日本人にとって「三銃士」と言うとデュマかアニメがメインであったが、この『新・三銃士』も是非第三の「三銃士」として定着して欲しい。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター