FC2ブログ
2010-03-23

こないだの『ダブルクロス』セッションについて。

07_ラストサビ34


 先日、高校の同期のTRPG仲間と『ダブルクロス』で遊んだ。
 凄まじいセッションになった。
 もしこれから『ダブルクロス』を、特にサンプルシナリオ(確か第一巻のものであった)を遊んでみようと思っている方がいらしたら、是非読んでおいて欲しい。
 今回は、そのサンプルシナリオで遊んだ。シナリオの性質上、使用できるキャラクターがサンプルキャラに限られており、自作出来なかった。とは言え、そのまま出来合のキャラで遊んでも仕方ないので、能力値とシナリオ中の身分とNPCとの人間関係を保持しうる限りで自由にキャラ付けすることにした。
 これがいけなかった。と言っても、これまでの記述だけではどういけなかったのか解らないだろうから、話を進める。

 先ずは『ダブルクロス』の世界観を説明しておきたい。
 近未来でのことだ。レネゲイドという病原菌が発生した。これに感染すると超能力者になってしまう。超能力の種類は、任意の獣になって重戦士化するとか、ドラキュラになって自分の血液を剣等に変えて戦うとか、火や水を自在に操るとか、12通り用意されており、PCは自由に選んで良い。この能力のことは世間一般には秘匿されており、感染者だけが知っている。この能力を使って悪さを企む組織と、それを阻止しようとする組織がある。
 とても厨二ナイズで良いと思う。
 上記の世界観を前提に、以降の記述をお読み頂きたい。
 さて。サンプルシナリオではPCが四体用意されていた。
 その中から、わしは、レネゲイドに感染していることに気付いていないがある事故をきっかけに超能力に目覚め、望まぬ戦いに巻き込まれてゆく男子高校生をセレクトした。超能力の種類は獣化である。サンプルシナリオなので超能力は最初から規定されていた。
 ちなみに、「ある事故」とはバス爆発事故で、その時偶然いっしょだったひそかに恋焦がれている女子高生(まなか、と言う)を救おうとしたら獣化した、という設定が用意されている。あと、もちろん少年は自分の能力を忌避している。
 ううん、何と言う主人公キャラ。引っ込み思案な少年が好きな女の子のために戦い、しかも自分の運命に嘆く。プレイ開始前からわしのロールは(自分で言うのもなんだが)冴えに冴えた。
 曰く、「こ、これが・・・僕の力・・・?」「でも、この力で・・・まなかさんを救えるのなら・・・ッ!」「ぐああっ!し、鎮まれ・・・僕の力!これ以上、もう、誰も傷つけたくないんだ・・・!!」。
 パーフェクトノリノリである。
 しかしこれだけだとどうも面白くない。と言うかわしらしくない。
 そこで、主人公の性別をギャルにすることにした。
 レズである。
 獣化するので、キメゼリフは「メスのニオイがする!!」。
 一人ニタニタする、わし。他のメンバーは規定の超能力が複雑なものだったらしく、ルールブックの確認に勤しんでいた。
 さて、名前をどうしよう、と思案していた時、わしの脳に天啓が下った。
「外国人留学生ってのはどうだ?」
 ある人返して曰く、「ほう(どうでもいいよそんなの、と言った感じの適当な相槌)」。
 早速場に在ったホワイトボードにイメージイラストを描く。ケツアゴで、エラ張ってて、金髪オールバックでまつ毛の長い垂れ目の白人。
 ある人見て曰く、「男かよ!(こいつはほっとくと何しでかすか解らないな、と言った感じの驚愕)」。
 厨二な設定を全部そのままに、主人公だけテキサス・マック風の外国人留学生にした。
 曰く、「こ、これが・・・ミーのpower・・・?」「But、このpowerで・・・まなかサーンを救えるのなラ・・・ッ!」「Ooops!し、鎮まって下サーイ・・・ミーのpower!これ以上、もう、誰も傷つけたく無いのデース・・・!!」
 名前はマイケル・アンダーソン。キメゼリフは「アンダーソン、オー、ジャスティス」。テキサス出身。これでキャラ付けは決まった。次にコードネームだ。このゲームではキャラに本名以外にコードネームを付けなければいけない。
 ある人直ちに曰く、「カリフォルニア」。
 テキサス出身のカリフォルニア。すばらしい。
 これでキャラメイキングは終わりかな、と思ったら、獣化した時に獣の姿を決めなければいけないようだ。
 熊でも狼でも実在しないモンスターでも、なんでも良い、とのことなので、朝○龍にした。
 超能力を発動すると、全身が光り、服が破けてまわしが現れ、四肢は無論顔面まで朝○龍になるのだ。
 今度こそ終わりかな、と思ったら、最後にワーディングの演出を決めなければいけないとのことだ。
 ワーディングとは、超能力を発動した際に周辺の一般人を気絶させたり眠らせたりする力だ。これにより、超能力者同士の戦いが一般人に知られることはなくなるわけだ。
 カリフォルニアは雲竜型で四股を踏むことでワーディングを行う。すると半径数キロメートルの正円状に土俵が出現し、最後に上空から「満員御礼」が下がってくるのだ。
 これを説明したら、一般人が戦闘中の記憶を失うことが大事で、その経緯が気絶か睡眠か、と言う点について決めて欲しかったとのことだ。とりあえず土俵の内側の一般人はみんな気絶することにした。
 さて。いよいよプレイ開始である。
 シナリオの冒頭は、帰宅するためにバスを待っていたカリフォルニアにまなかが声をかけるシーンであった。
 本当ならおとなしい少年が意中の女性に声を掛けられてどきまぎする、と言う甘酸っぱいシーンなのだが、もちろんそんなことにはならなかった。
 この直後バス爆発事故に遭い、カリフォルニアの超能力が発動し、朝○龍が女子高生に覆いかぶさってその身を助ける、と言うどこか性犯罪の臭いがするシーンに入り、シナリオは本格化してゆく。
 詳しく書くとネタバレになるのでこの辺で終わりにするが、とにかく終始こんな感じで、シナリオ側がシリアスにやろうとするほどカリフォルニアのせいでカオス化した。

 結論。『ダブルクロス』をプレイする時は事前に世界観と当日のシナリオを熟知してからキャラメイキングした方が無難である。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

獣化や血液を武器にというのがなんともこそばゆいを通り越して痛ましくて素晴らしいですね!
無論、私だったらハリネズミに獣化してワーディングはでんぐり返しにします。

そう、まさにそれなんですw

 中学生がメインターゲットなのでしょうが、ある意味それなりの年齢層も狙えますw
 ワーディングですが、まさにそれです。『メン・イン・ブラック』の光るヤツとか。
 にしても、そのハリネズミだとどんな敵にも負ける気がしませんな。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター