FC2ブログ
2010-07-06

「ついったあ」なるものがあるそうな。

02_例えば02


 最近「ついったあ」なるものがあるそうな。
 等と書きだしてみたが、もちろんどんなものであるのかは大体知っている。
 大体、と言うのはやっていないからである。
 自慢じゃないが、わしはつい最近まで携帯電話さえ持っておらず、未だに携帯電話でメールを打つと一件書き終わるまでに駅を二つ三つ通り過ぎるほどのアナクロ人間である。本当に自慢じゃないな。
 大体歴史が好きなんだからしょうがないよな、と思っていたら最近の歴史好きは情報収集に各種情報端末を駆使するのが基本だそうな。それでも最後に行き着くところは埃を被った実物を「うへぇ、きたねぇ!!」とにたにたしながら一枚ずつめくることだと思う。古代史だとめくるのではなく掘る、かも知れないが、ニュアンスを感じて頂ければ幸いである。閑話休題。
 んで、ツイッターってやってないのね。
 以前、とある「ニ○マス」Pの方からお誘い頂いたのだが、数年前に「すかいぷ」だったかを導入せんとしたら訳が解らなくなり軽いトラブルに見舞われたことがあって、コミュニケーションツールを増やすことを敬遠している。
 これがまた最近気になって来た。
 何でかと言うと、日曜日にお会いしたとある絵師の方から、「お前の作品がツイッターでいじられてるよ」とお教え頂いたからである。
 その時は体面を気にして「話題にして貰えるだけで嬉しいよ」みたいなことを言ってしまったのだが、内心、「おいおいとんでもないこと言われてるんじゃねえだろうな、一般公開してるんだから批判されるのは覚悟の上だが、覚悟していてもへこむものはへこむぜ」と相当慌てていたのじゃよ。
 おっかなくなってググッてみたところ、確かにいくつかいじって貰っているログがあった。
 ただし、当初は一作につき三ヶ月近くかかる作品に関してかと思っていたが、むしろ余暇を見つけては殴り描きしているとある閉じたコミュニティに投稿していた漫画についてのものがほとんどであった。
 こう言うのって勿論覚悟しているので甘んじてお受けするし決して批判するつもりはないが、やっぱり緊張しますなw
 ううむ。
 リアルタイムでチェックして、そして精神の安定をより確かなものにしたいのう。
 しかし困った。ツイッターのログを見る限り、みんな発言のクオリティが高いんだよね。
 このレベルに合わせて会話しろ、と言うのはきつい。基本歴史とオタネタぐらいしかネタに出来ない身には、辛い。
 そこでやっている方にお聞きしたい。
 ツイッターには第三者としてひたすらログを見るだけ、という参加の仕方は許されているのでしょうか?
 もしそれが可能であれば、全くわしだとは判らない名義で登録して、あとは黙って諸兄姉のお話を拝聴すると言うスタイルに徹したいのだが・・・・・・。
 ・・・・・・。
 それってツイッターの意味があるのか?例えばSNSに入ってひたすら他人の書きこみを見るだけ、って意味が・・・・・・本来の意義からはずれるが、情報を収集することが目的であれば有意だよなあ。
 広く諸賢よりの御意見を請う次第である。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>ツイッターには第三者としてひたすらログを見るだけ

そういうのもアリだと思いますよ~。実際、二千人ぐらいの人のツイートを拾っているのに一言も発していない人もいますw

半年ちょっと使っていますが、意外と面白いものですよ。
まあ私の場合は簡易のチャットツールとして使うか、時折『涼ちんがところ天するまで〇〇したい』とか言うぐらいですが。

ちなみに私と相互登録してくださってる殆どの方々はpixivやサークルからの繋がりだからほぼ全員オタなのであんまり発言内容は気にしなくても良いみたいですw

御助言ありがとうございます。

 なるほど。わしが希望しているスタイルも許されるわけですね。やっほーい。
 これは前向きに検討したく存じます。
 話のネタにつきましては、クオリティは勿論なのですが、精一杯ボケたけど誰も拾ってくれなかったりしたら悲しいな、と言う器具も有ったりしますw

No title

僕も、「人のツイートを覗くためのツール」って使い方はアリだと思います。

でも、人のツイートを見てる内にツッコミを入れたくなったり、会話に参加したくなったりで、「純粋なrom専」になるのは難しいかもですねw

御教示痛み入ります。

 暖かいお言葉、ありがとうございます。
 確かに、あのレベルの高い会話は思わずツッコミを入れたくなりますね。
 逆に言うとツッコミを入れて頂けるだけのクオリティで話さなければいけない、と思ってしまうネガティブシンキングなわしでございます。合掌。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター