FC2ブログ
2010-07-06

「SW2.0」におけるレベル10とはどんなものなのか。

02_例えば08


 過日参加させて頂いた「SW2.0」のセッションで、パーティの平均レベルが10であることが再確認されたのじゃよ。
 レベル10。「1.0」時代の人間からすると驚異的な数字である。でも「2.0」だとまだまだ、と言うかここからが色々と無茶が出来て楽しくなる時期のようで、嬉しい。
 そこでふと気になったのだが、「2.0」の世界の中でレベル10の冒険者とはどのような扱いを受けているのだろうか。
 目安程度にルールブックを調べてみたら、ぼちぼち国家レベルの有名人で、拠点とする都市を超えて名声が広まりつつあり、蛮族(「2.0」を御存じない方はモンスターの世界と認識頂ければと思う)の地に踏み込んで人々の生活圏を広げたりするらしい。とすると、レコンキスタみたいなシナリオも有りですな。
 おお、一度やってみたかったんだ、瞳がグルグルの神官でメイスとか振り回しながら「神の一撃は悪い異教徒の脳漿をぶちまけ、良い異教徒の脳漿をぶちまける!」とか。
 しかし残念ながらわしのキャラクターはプリーストではないと言う。
 そして何より、レベルこそ10だが、とてもルールブックの目安とされているような立場にはなっていないように思う。
 何はともあれ、現状のようにのんべんだらりと遊ぶのが一番かな、と思いました。
 でも次の機会が有ったら今度こそ神官で遊びたいな、と思う梵天丸であった。
 乱世であった。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

そういうのも考えています

>とてもルールブックの目安とされているような立場にはなっていないように思う。
一応なってませんか?
運命を覆す光の……なんでしたっけ?

>とすると、レコンキスタもたいなシナリオも有りですな。
実は、ルキスラ帝国軍と共同して、反攻作戦の先鋒として破壊工作を行うというシナリオを考えております。
海兵隊と一緒に敵船襲撃とか、坑道掘って敵の砦や防衛拠点を爆破するとか
いかがっすか?

むほほ。

 そう言えば、そんな称号ありましたなwww
 接舷戦闘は楽しそうですね。斬り込み前の銃撃戦が熱そうです。またはマギテックの大砲をずらりと並べて砲撃戦とか。
 そして引用して頂いたおかげで誤植に気付くと言う。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター