FC2ブログ
2010-07-11

第二部、完。そしてどこへ向かうのか竜馬。

02_例えば22


 遂に『龍馬伝』第二部、完。
 久しぶり面白い「大河」で週末が楽しみなのは、わしだけではあるまい。
 しかし、今回は見ていてちょっと不安になった。
 具体的には、竜馬を革命家として捉えるつもりなのか、という不安である。
 ちなみに、竜馬は革命家ではなく商事の人だ、と言うのがわしの竜馬観である。とにかく武器を売って儲けることが出来ればそれで良く、そのために不都合なところを解消していったら、いつのまにか時代のキーマンになっていて、後世の人がヨイショしてくれた、と言うイメージである。
 別にこれと符合しないからノー、と言うのではない。
 本作では、竜馬は地方分権的な幕藩体制を解体し、中央集権的な国民国家体制を確立させて日本の独立を守ろうとしている人物に見えた。
 幕藩体制を解体するには徳川幕府を終わらせて朝廷を頂点とする統治機構に再編せねばならない。公武合体と大政奉還の最終目標地点はそこにあったわけなのじゃよ。
 逆に言うと、大政奉還が成った時点で幕藩体制の解体は可能であった。藩と藩主は幕府あってのものですからな。薩摩藩主と薩摩守は決して同じ肩書ではない。
 それでも戊辰戦争を起きたのは徳川家が依然として巨大な勢力を有しており、これに薩長土肥ばらが恐怖を覚えたからだ、とされる。ここまで来るととても中央集権化を目指しているとは思えない。地方のエゴ、地方分権の負の側面である。藩閥時代が薩長幕府と揶揄されるのもむべなるかな、である。作中の勝センセも泣いてるぞ。
 作中の竜馬はとことん徳川幕府に愛想が尽きたようだが、果たしてどこまでやるつもりなのか。
 本気で幕府だけでなく徳川家までをも潰すつもりなのか。ならば徳川家に代わる中央官僚集団の確保と中央集権化の核足り得る主勢力をどこに求めるのか。そんなもんどこにも無いだろう。作中の勝センセも泣いてるぞ。
 もし竜馬がそれらを踏まえずに革命論者となるならば、残念である。折角ここまでエンタテイメントと近代史と社会科学を巧みに取り混ぜて来た作品なのに、一気にバブル以前の三文小説風「大河」に成り下がる。
 そもそも、自分の理想が潰え、友人をそれで失っただけで既存の社会秩序の破壊を目指す時点で余りに極端な思考の持ち主と言える。清末期の穏健改良派が国会開設運動を期に革命派に流れる様を見ているようだ。または第二次天○門事件時の学生とか。
 そんなわけで、第二部完の今回だからこそ、敢えて苦言を呈したい。
 愛する『龍馬伝』よ、何卒引き続きリアルに、スマートに、かつユーモラスに日本の近代化を描きたもう。ただの革命によるフラストレーション発散映像に堕するなかれ。
 作中で岩崎が、この時点から竜馬がみんなの知っている「坂本竜馬」になっていったとするが、その「坂本竜馬」とはどの「坂本竜馬」なのか。結局はここに行き着く不安であろう。
「そうは言いますが、最近きちんと毎週見ている番組って、もうこれぐらいじゃないですか、プロデューサー」
 そうね。あとは「ニ○ニコ」で君達の姿を追うぐらいだものね。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター