FC2ブログ
2010-09-22

体育祭とか、ぼちぼちじゃね?

03_ラストサビ37


 いや別に体育着に興奮するとかそう言う話でなく、体育祭ってぼちぼちじゃなかったけか。
 運動会は嫌いだが体育祭は好きだ。
 わしの中で、運動会とは義務教育課程のもの、体育祭とはそれ以上のもの、となっている。
 じゃあ具体的に何が違うかと言うと、予行練習にかける時間である。
 小・中学校の運動会って、親が見に来るから、センコーどもが自分達の教え子が毅然として動いている様を見せようとして何度も何度も段取り合わせを練習させる。
 要はセンコーが、「私達は御子さんをきちんとマスゲームに順応出来るだけの社会性を有するよう育てていますよ」とアピールしたい訳で、ちょっとした「閲兵式」だよな。
 だから嫌いなのではなく、純粋に、つまらない入退場行進なんかを繰り返させられて放課後が潰れていくのがすんげえイヤだった。
 その上、「一人でも列を乱したら最初からやり直しますからね!」等と訳の解らん集団責任を押し付けられて、心の底か○意がムラムラと。ええ。
 よって、高校で体育祭をやると聞いた時、「うげぇー」と思った。予行練習と聞いて、「もう義務教育じゃねえんだから、生徒会を通じて署名集めてボイコットしても良いよな」と思ったのじゃよ。
 そしたら、簡単な入場確認ぐらいで予行練習終了じゃないですか。
 クラス毎にそれなりにアホな盛り上がりもあって、騎馬戦やら棒倒しやら、おとこのこの魂をくすぐる競技がいっぱいじゃないですか。
 運動神経の悪いわしでしたが、体育祭は好きでした。
 ちなみに、わしのハイスクォーでは学校の名前を冠したオリジナルの音頭があり、体育祭の最後はみんなでこれを踊るのが伝統となっている。
 音頭なので輪になって踊る。事前に規定のラインがあり、それに沿って動く。
 しかしわしを含めた数名は途中からわざとラインから離脱し、貴賓席の前まで移動して踊ってやった。
 その数名とは軽音部(組織の正式名称は違うのだが明記すると色々バレるのでこのようにした)やら文芸部やらの「マイノリティー」であった。規定のラインの輪はバスケ部や野球部等の巨大な部がごっちりと固まって「オイ、オイ、オイ!」とよう解らんコールみたいなのしており、なんだかアホらしくなったので、途中から「おい、脱線してあっち行こうぜ」と言う話になったのである。
 貴賓と言ってもほとんどOB・OGだからやんややんやの大ウケ。後で怒られることもなかった。
 とは言え、これは明らかにマスゲームへの順応性に欠く行為であり、やっぱり義務教育課程における運動会の予行練習って大事なんじゃなかろうか、あと、元気っ娘が好きなのも、こうした体育祭のバカなノリに対するほのかな憧れによるものではなかろうか、と考える梵天丸であった。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

体育祭と運動会の違い=義務教育課程のものか否かというのは目からウロコでした。私は私学の中高一貫だったので中学から体育祭だったのですが、プログラムも自分たちで組めたので断然楽しかった思い出があります。運動会は『やらされてる』感が強かったですもんね・・・。徒競走の練習って何だよ!?みたいな。

あれは本当に我慢なりませんな。

 徒競走の練習、ありましたなー。しかも実際には走らないで、ただ整列して順番を確認するだけ。理解に苦しみますなあ、と思う林原ボイスの中学生であることよ。
プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター