FC2ブログ
2011-03-19

縅について

20110319.jpg


 板金鎧の話が楽しいので、またその話をする。
 本当なら板金鎧ではなくプレートメイルとした方が解り易いのかも知れないが、日本のファンタジー界におけるいわゆる鍵括弧付の「プレートメイル」と区別したいので、板金鎧と呼びたい。
 今回は縅(おどし)について。
 板金鎧は無数の板金を綴り合わせて形成される。これにより、身体の可動部に不便を来たすことなく防御力を得ることが出来るのである。
 板金を綴り合わせる素材として、日本では皮と糸が用いられた。
 日本の大鎧は可動性に優れないように見えるが、盾(ショルダー部)から一目瞭然であるように、一応板金鎧である。ただし肩のシルエットに合わせて湾曲していない。何故かは知らない。技術的な問題なのだろうか。
 やがて織豊政権期に入ると、当世具足が流行する。「南蛮鎧」の流入もあってか、かなり西洋のものに近い形となる。これまた盾の部分が特徴的である。今度は湾曲している。ちなみに、大鎧も当世具足も板金のパーツ数だけ見ると西洋のものには程遠いと言える。各パーツが相対的に大きい。
 さて。面白いのは、どちらも板金を綴り合わせるのに縅を用いたことである。
 板金を綴り合わせる以上、縅はどうしても外部に露出する。これが全て切れるとパーツが外れてしまうので、みっしりと、出来るだけ隙間なく綴る。すると、板金の色よりも縅の色が目立つこととなる。よって、縅がカラフルだと甲冑も華やかになるのである。
 大鎧から当世具足へと、日本の甲冑は大きく変化した。それなのに、板金を綴り合わせる技法には大きな変化は無かったようである。
 なんで?
 やっぱりカラフルだと目立つから?
 もし西洋甲冑のアイデアが入っているなら、綴じ具を板金の内側に隠すと思うのだが・・・・・・。
 どなたか御専門の方がいらしたらお教え願いたいところなのじゃよ。
 ちなみに上掲図のやよいは縅と威しを掛けているとかそんなことは無いと思うんだ。やよいが可愛いから描いただけだと思うんだ。やよいは可愛いです。
スポンサーサイト



theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mino

Author:mino
 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
カウンター